• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

モチベーション欠如? Sフェザー王者内山2回KO負けの衝撃

 ベガスの夢が崩れ去った時、こうなる運命だったのかもしれない。

 27日、24勝無敗で11度の防衛を誇るボクシングWBA世界スーパーフェザー級スーパー王者の内山高志(36)が、まさかの2ラウンドKO負けを喫した。挑戦者でWBA同級暫定王者のコラレス(24)に一方的に攻められ、2R2分59秒でマットに沈んだ。

「体が温まる前にやられた。実力の世界だから、しょうがない」と話した内山。年齢による体力の衰えなど、さまざまな理由があるだろうが、一番はモチベーションの低下ではないか。

 内山がスーパーフェザー級の王座についたのは6年前。以来、ボクシングの聖地・ラスベガスでの試合を望みながら、国内でしか防衛戦を行うことができなかった。

「本来はコラレスではなく、元WBA世界フェザー級王者で27戦無敗、21KOのウォータースとベガスで試合をする予定だった。1月のトークショーでは『交渉も進んでいる。決まると思う』と話し、ウォータースの分析も披露していたが、まさかの交渉決裂。念願の海外進出がまたも頓挫し、WBAスーパーフェザー級正規王者のフォルトゥナとの指名試合も流れてしまった。その揚げ句、いつもと変わらぬ大田区総合体育館での防衛戦ですから……」(ボクシング記者)

 内山は今後について「特に何もない。何も考えてない」と話すのみだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  2. 2

    菅長官が“枚方市”を誤読し大炎上…被災自治体「抗議した」

  3. 3

    9歳女児が下敷きに “違法建築ブロック塀”誰が有罪になる?

  4. 4

    高プロの仰天デタラメ実態「年収1075万円以上」に根拠なし

  5. 5

    神戸市64歳職員が1日3分の“中抜け”で厳罰減給になったワケ

  6. 6

    米朝会談後に「空白の8時間」 金正恩は何をしていたのか

  7. 7

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  8. 8

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  9. 9

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

  10. 10

    父の遺体をBMWに乗せて埋葬…ナイジェリア男性に非難殺到

もっと見る