モチベーション欠如? Sフェザー王者内山2回KO負けの衝撃

公開日: 更新日:

 ベガスの夢が崩れ去った時、こうなる運命だったのかもしれない。

 27日、24勝無敗で11度の防衛を誇るボクシングWBA世界スーパーフェザー級スーパー王者の内山高志(36)が、まさかの2ラウンドKO負けを喫した。挑戦者でWBA同級暫定王者のコラレス(24)に一方的に攻められ、2R2分59秒でマットに沈んだ。

「体が温まる前にやられた。実力の世界だから、しょうがない」と話した内山。年齢による体力の衰えなど、さまざまな理由があるだろうが、一番はモチベーションの低下ではないか。

 内山がスーパーフェザー級の王座についたのは6年前。以来、ボクシングの聖地・ラスベガスでの試合を望みながら、国内でしか防衛戦を行うことができなかった。

「本来はコラレスではなく、元WBA世界フェザー級王者で27戦無敗、21KOのウォータースとベガスで試合をする予定だった。1月のトークショーでは『交渉も進んでいる。決まると思う』と話し、ウォータースの分析も披露していたが、まさかの交渉決裂。念願の海外進出がまたも頓挫し、WBAスーパーフェザー級正規王者のフォルトゥナとの指名試合も流れてしまった。その揚げ句、いつもと変わらぬ大田区総合体育館での防衛戦ですから……」(ボクシング記者)

 内山は今後について「特に何もない。何も考えてない」と話すのみだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  2. 2

    福岡知事選で“麻生アレルギー” 学会や九州財界から爪弾き

  3. 3

    死骸で発見のジュゴンは…辺野古埋め立てで行方不明だった

  4. 4

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  5. 5

    北方領土「第2次世界大戦の結果論」というのは暴論である

  6. 6

    東京福祉大“消えた留学生”問題を招いた安倍政権の数値目標

  7. 7

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  8. 8

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

  9. 9

    東京五輪で終電延長 鉄道各社が強いられる“ブラック労働”

  10. 10

    故内田裕也さんのロックな人生 破天荒の裏の“冷静と情熱”

もっと見る