• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

モチベーション欠如? Sフェザー王者内山2回KO負けの衝撃

 ベガスの夢が崩れ去った時、こうなる運命だったのかもしれない。

 27日、24勝無敗で11度の防衛を誇るボクシングWBA世界スーパーフェザー級スーパー王者の内山高志(36)が、まさかの2ラウンドKO負けを喫した。挑戦者でWBA同級暫定王者のコラレス(24)に一方的に攻められ、2R2分59秒でマットに沈んだ。

「体が温まる前にやられた。実力の世界だから、しょうがない」と話した内山。年齢による体力の衰えなど、さまざまな理由があるだろうが、一番はモチベーションの低下ではないか。

 内山がスーパーフェザー級の王座についたのは6年前。以来、ボクシングの聖地・ラスベガスでの試合を望みながら、国内でしか防衛戦を行うことができなかった。

「本来はコラレスではなく、元WBA世界フェザー級王者で27戦無敗、21KOのウォータースとベガスで試合をする予定だった。1月のトークショーでは『交渉も進んでいる。決まると思う』と話し、ウォータースの分析も披露していたが、まさかの交渉決裂。念願の海外進出がまたも頓挫し、WBAスーパーフェザー級正規王者のフォルトゥナとの指名試合も流れてしまった。その揚げ句、いつもと変わらぬ大田区総合体育館での防衛戦ですから……」(ボクシング記者)

 内山は今後について「特に何もない。何も考えてない」と話すのみだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    ベトナムに完封負けも…森保U-21代表は優勝候補の韓国回避

もっと見る