モチベーション欠如? Sフェザー王者内山2回KO負けの衝撃

公開日:  更新日:

 ベガスの夢が崩れ去った時、こうなる運命だったのかもしれない。

 27日、24勝無敗で11度の防衛を誇るボクシングWBA世界スーパーフェザー級スーパー王者の内山高志(36)が、まさかの2ラウンドKO負けを喫した。挑戦者でWBA同級暫定王者のコラレス(24)に一方的に攻められ、2R2分59秒でマットに沈んだ。

「体が温まる前にやられた。実力の世界だから、しょうがない」と話した内山。年齢による体力の衰えなど、さまざまな理由があるだろうが、一番はモチベーションの低下ではないか。

 内山がスーパーフェザー級の王座についたのは6年前。以来、ボクシングの聖地・ラスベガスでの試合を望みながら、国内でしか防衛戦を行うことができなかった。

「本来はコラレスではなく、元WBA世界フェザー級王者で27戦無敗、21KOのウォータースとベガスで試合をする予定だった。1月のトークショーでは『交渉も進んでいる。決まると思う』と話し、ウォータースの分析も披露していたが、まさかの交渉決裂。念願の海外進出がまたも頓挫し、WBAスーパーフェザー級正規王者のフォルトゥナとの指名試合も流れてしまった。その揚げ句、いつもと変わらぬ大田区総合体育館での防衛戦ですから……」(ボクシング記者)

 内山は今後について「特に何もない。何も考えてない」と話すのみだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  4. 4

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    テニス協会が大坂なおみへ 全米V報奨金800万円は妥当か

もっと見る