村田も苦労の30歳で…ボクシング清水聡プロ転向の“勝算”

公開日: 更新日:

 五輪のメダリストボクサーがプロの門を叩く。

 ロンドン五輪男子ボクシングバンタム級銅メダルの清水聡(30=写真)がプロ転向の意思を固め、近日中にもアマの統括組織である日本ボクシング連盟に脱退届を提出する見込みだ。

 プロでの新たな所属先はIBF世界ライトフライ級王者で3階級制覇の八重樫東(33)ら多くの世界チャンピオンを輩出する大橋ジム(大橋秀行会長)になるという。

 清水はライト級でリオ五輪出場を目指したものの、今年1月のアジア・オセアニア地区予選(3月・中国)代表選考会で判定負け。同予選に出場した成松大介(26)が五輪出場権を勝ち取り、清水の3大会連続出場の望みが途絶えたため、かねて目標としていたプロ転向を決断した。

 同じ年でロンドン五輪ミドル級金メダルの村田諒太(30)が苦戦しているように、30歳でプロに転向する清水が結果を残すのは並大抵のことではない。年齢的に下り坂に差し掛かり、残された時間は少ないが、清水はたとえチャンピオンに上り詰めなくても将来は食うに困らない立場だという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  2. 2

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  3. 3

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

  4. 4

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  5. 5

    安倍政権がシッポ切り JOC竹田会長を待つ仏当局の本格捜査

  6. 6

    枯れるには全然早い…70歳から人生を楽しく過ごせる理由

  7. 7

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  8. 8

    大阪市西成区あいりん地区 唐突すぎる“中華街構想”の行方

  9. 9

    男女の意識差は歴然…シニアは“プチ別居”婚がうまくいく

  10. 10

    韓国が騒然…空軍基地「ミサイル誤射事故」の衝撃と波紋

もっと見る