G菅野が1カ月ぶり勝利 遠征帯同免除の“特別扱い”実った

公開日: 更新日:

 巨人のエースが抜群の安定感を見せている。

 菅野智之(26)が3日の日本ハム戦に先発。7回1失点の粘投で「正直、長かった」と5月5日以来となる約1カ月ぶりの5勝目(1敗)を挙げた。

 貧打線に見殺しにされる試合が多く、勝ち星は伸びていないものの、11試合の登板で防御率は12球団で断トツの0.61。好調の要因は首脳陣に認めさせた“特例”にある。

 右手中指のマメをつぶした4月後半。中5日の登板間隔が続いていたこともあり、首脳陣に直訴して一軍の遠征に帯同せず、ジャイアンツ球場で残留練習を行った。その結果、万全のコンディションで登板できたことから、以降も登板のない遠征帯同を「免除」されているのだ。巨人はこの日、前夜まで試合を行っていた大阪から午前中に帰京して移動試合に臨んだが、東京に居残った菅野は、移動の疲れとは無縁だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  2. 2

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  3. 3

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  4. 4

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  5. 5

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  6. 6

    ロケット団・三浦昌朗が明かす「死ぬしかない」と涙した夜

  7. 7

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  8. 8

    初版1万7000部も実売は…河野景子の“暴露本”売れてるの?

  9. 9

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

  10. 10

    永野芽郁と本田翼が急伸 2019年"CM女王争い"に異変の兆し

もっと見る