交流戦V争い? 失策ワースト巨vs西で守乱続出の体たらく

公開日: 更新日:

「巨人が再び交流戦の単独首位に立ちました!」

 中継アナウンサーの絶叫がむなしく響いた。

 同率で交流戦トップに並んだ西武と巨人が激突した昨8日の試合。手に汗握る白熱の首位攻防を期待したファンが見たのはしかし、目を覆わんばかりのヘボ合戦だった。

 二回。先頭の巨人・長野が放ったライト線への安打を右翼・森が打球処理をミスして三塁打にしたのが始まりだった。記録には残らなかったこのミスが直後の阿部の適時打で失点につながると、続くクルーズの凡打を、今度は遊撃・鬼崎が一塁へ悪送球。これも次打者・村田の中前打で失点に直結した。まだ、終わらない。続く脇谷の送りバントを捕手・炭谷がファンブル。無死満塁とピンチが広がっては、巨人戦初登板となった高卒2年目右腕の先発・高橋光が動揺するのも当然だった。押し出し四球で3点目を与え、2死後に坂本に左前打を打たれて、アッという間の5失点である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  2. 2

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  3. 3

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

  4. 4

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  5. 5

    安倍政権がシッポ切り JOC竹田会長を待つ仏当局の本格捜査

  6. 6

    枯れるには全然早い…70歳から人生を楽しく過ごせる理由

  7. 7

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  8. 8

    大阪市西成区あいりん地区 唐突すぎる“中華街構想”の行方

  9. 9

    男女の意識差は歴然…シニアは“プチ別居”婚がうまくいく

  10. 10

    韓国が騒然…空軍基地「ミサイル誤射事故」の衝撃と波紋

もっと見る