マーク金井
著者のコラム一覧
マーク金井クラブアナリスト、クラブ設計家

1958年、大阪府出身。ハンデ3。ゴルフ雑誌の編集記者からフリーに転身。05年にアナライズを設立し、自社スタジオでゴルフクラブの計測、試打を専門的に始める。同時にメーカーが作れなかった、アマチュアを救うクラブを設計し販売も手がける。執筆活動も積極に行い、新聞、雑誌、インターネットで連載を多数抱え、著作物も定期的に発刊。近著では、「今より30ヤード飛ぶクラブを選ぶための36の法則」(実業之日本社)、「一生役立つゴルフゴルフ超上達法」(マイナビ出版)がある。現在、新刊書も数冊手がけている。

グリーン傾斜は目で読むよりも足裏で感じた方が勘違いが減る

公開日: 更新日:

 自分ではラインを読み切ったつもりなのに、ボールはイメージと逆方向に切れてしまう。フックラインだと思って打ったら、実際はスライスラインだった……。

 説明するまでもないが、いくらいいストロークをしてもラインを読み間違えると、パット数を減らすことはできない。グリーンには傾斜があるので、右に切れるラインで「左に切れる」と読んでしまえば、ボールはカップと違う方向に転がってしまうからだ。

 さて、このパットのラインの読み方。プロや上級者の多くは、立ったままではなくて、しゃがんで(目線を下げて)、傾斜の方向と角度をチェックしている。しゃがんだ方が目の位置がグリーン面に近づき、傾斜の度合いをチェックしやすいからである。

 しかしながら、しゃがむだけがラインを読む方法ではない。アダム・スコットをはじめ、米ツアーでは立ったままでパットのラインを読んでいる選手がいる。彼らは目ではなくて、足裏の感覚で傾斜の方向と角度をチェックしているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮迫ら闇営業11人処分! 吉本興業「遅すぎた決断」の代償

  2. 2

    “仰天婚”山里と“闇営業解雇”入江 吉本芸人の明暗クッキリ

  3. 3

    NGT48崩壊の足音 “山口真帆派”高沢&渡邉が活動辞退を表明

  4. 4

    離婚で女性の敵に…ビートたけしを待ち受けるイバラの道

  5. 5

    安倍首相「他の制度示した人いない」年金議論ガン無視発言

  6. 6

    「闇営業」謹慎処分で一番ワリを食ったガリットチュウ福島

  7. 7

    宮迫「アメトーク!」優良スポンサーCM消滅危機で崖っぷち

  8. 8

    八村塁もいずれは大富豪 NBA選手の副収入が“ハンパない”

  9. 9

    日ハム輝星は3回5失点KOでも…中日打者から相次ぐ称賛の声

  10. 10

    ドラマ内定情報も 山口真帆“リベンジの狼煙”早くも上がる

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る