日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
マーク金井
著者のコラム一覧
マーク金井クラブアナリスト、クラブ設計家

1958年、大阪府出身。ハンデ3。ゴルフ雑誌の編集記者からフリーに転身。05年にアナライズを設立し、自社スタジオでゴルフクラブの計測、試打を専門的に始める。同時にメーカーが作れなかった、アマチュアを救うクラブを設計し販売も手がける。執筆活動も積極に行い、新聞、雑誌、インターネットで連載を多数抱え、著作物も定期的に発刊。近著では、「今より30ヤード飛ぶクラブを選ぶための36の法則」(実業之日本社)、「一生役立つゴルフゴルフ超上達法」(マイナビ出版)がある。現在、新刊書も数冊手がけている。

グリーン傾斜は目で読むよりも足裏で感じた方が勘違いが減る

 自分ではラインを読み切ったつもりなのに、ボールはイメージと逆方向に切れてしまう。フックラインだと思って打ったら、実際はスライスラインだった……。

 説明するまでもないが、いくらいいストロークをしてもラインを読み間違えると、パット数を減らすことはできない。グリーンには傾斜があるので、右に切れるラインで「左に切れる」と読んでしまえば、ボールはカップと違う方向に転がってしまうからだ。

 さて、このパットのラインの読み方。プロや上級者の多くは、立ったままではなくて、しゃがんで(目線を下げて)、傾斜の方向と角度をチェックしている。しゃがんだ方が目の位置がグリーン面に近づき、傾斜の度合いをチェックしやすいからである。

 しかしながら、しゃがむだけがラインを読む方法ではない。アダム・スコットをはじめ、米ツアーでは立ったままでパットのラインを読んでいる選手がいる。彼らは目ではなくて、足裏の感覚で傾斜の方向と角度をチェックしているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事