• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
マーク金井
著者のコラム一覧
マーク金井クラブアナリスト、クラブ設計家

1958年、大阪府出身。ハンデ3。ゴルフ雑誌の編集記者からフリーに転身。05年にアナライズを設立し、自社スタジオでゴルフクラブの計測、試打を専門的に始める。同時にメーカーが作れなかった、アマチュアを救うクラブを設計し販売も手がける。執筆活動も積極に行い、新聞、雑誌、インターネットで連載を多数抱え、著作物も定期的に発刊。近著では、「今より30ヤード飛ぶクラブを選ぶための36の法則」(実業之日本社)、「一生役立つゴルフゴルフ超上達法」(マイナビ出版)がある。現在、新刊書も数冊手がけている。

グリーン傾斜は目で読むよりも足裏で感じた方が勘違いが減る

 自分ではラインを読み切ったつもりなのに、ボールはイメージと逆方向に切れてしまう。フックラインだと思って打ったら、実際はスライスラインだった……。

 説明するまでもないが、いくらいいストロークをしてもラインを読み間違えると、パット数を減らすことはできない。グリーンには傾斜があるので、右に切れるラインで「左に切れる」と読んでしまえば、ボールはカップと違う方向に転がってしまうからだ。

 さて、このパットのラインの読み方。プロや上級者の多くは、立ったままではなくて、しゃがんで(目線を下げて)、傾斜の方向と角度をチェックしている。しゃがんだ方が目の位置がグリーン面に近づき、傾斜の度合いをチェックしやすいからである。

 しかしながら、しゃがむだけがラインを読む方法ではない。アダム・スコットをはじめ、米ツアーでは立ったままでパットのラインを読んでいる選手がいる。彼らは目ではなくて、足裏の感覚で傾斜の方向と角度をチェックしているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  2. 2

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  3. 3

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

  4. 4

    最高裁も覚悟…森友問題で財務&国交省が隠したかったコト

  5. 5

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  6. 6

    加計理事長が突然の会見 W杯と地震に合わせ“逃げ切り作戦”

  7. 7

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  8. 8

    大阪北部地震で注目…活断層“直撃リスク”のある「17原発」

  9. 9

    電撃辞任後は連勝も…楽天“ポスト梨田”に挙がる2人の名前

  10. 10

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

もっと見る