• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
マーク金井
著者のコラム一覧
マーク金井クラブアナリスト、クラブ設計家

1958年、大阪府出身。ハンデ3。ゴルフ雑誌の編集記者からフリーに転身。05年にアナライズを設立し、自社スタジオでゴルフクラブの計測、試打を専門的に始める。同時にメーカーが作れなかった、アマチュアを救うクラブを設計し販売も手がける。執筆活動も積極に行い、新聞、雑誌、インターネットで連載を多数抱え、著作物も定期的に発刊。近著では、「今より30ヤード飛ぶクラブを選ぶための36の法則」(実業之日本社)、「一生役立つゴルフゴルフ超上達法」(マイナビ出版)がある。現在、新刊書も数冊手がけている。

飛ばすコツは下半身のジャンプアップと頭を後ろに残す

 世界ランク3位のレキシー・トンプソン(米)が先週の日本公式戦を通算13アンダーで優勝。前年大会のチョン・インジ(韓国)に続き、国内メジャーを初来日、初出場で制した。

 この大会、ドライビングディスタンスも計測したが、ダントツに飛んでいたのもトンプソン。4日間の平均飛距離は278・8ヤードで、ランク2位の渡邉彩香に13ヤードも差をつけて堂々1位に輝いた。初日の9番パー5ではただ一人、300ヤード超えを記録している。

 では、なぜトンプソンは男子プロと互角の飛距離を出せるのか?

 特徴的なのは、パワーの出し方が卓越していることだ。自分のパワーをほぼ100%使い切ってボールをヒットしているが、具体的に言うと、インパクトゾーンでジャンプアップ(つま先立ち)している。これにより下半身のパワーが最大限使える。タイガー・ウッズやバッバ・ワトソンもそうだが、ロングヒッターと呼ばれる人の多くは、インパクトゾーンで下半身を下から上に突き上げるように使っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  2. 2

    高プロの仰天デタラメ実態「年収1075万円以上」に根拠なし

  3. 3

    神戸市64歳職員が1日3分の“中抜け”で厳罰減給になったワケ

  4. 4

    米朝会談後に「空白の8時間」 金正恩は何をしていたのか

  5. 5

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  6. 6

    頭を切断されて10分後にガブリ!ガラガラヘビ驚異の生命力

  7. 7

    父の遺体をBMWに乗せて埋葬…ナイジェリア男性に非難殺到

  8. 8

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  9. 9

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

  10. 10

    蘇る4年前…ブラジルに王国の焦りとネイマール潰しの恐怖

もっと見る