日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
マーク金井
著者のコラム一覧
マーク金井クラブアナリスト、クラブ設計家

1958年、大阪府出身。ハンデ3。ゴルフ雑誌の編集記者からフリーに転身。05年にアナライズを設立し、自社スタジオでゴルフクラブの計測、試打を専門的に始める。同時にメーカーが作れなかった、アマチュアを救うクラブを設計し販売も手がける。執筆活動も積極に行い、新聞、雑誌、インターネットで連載を多数抱え、著作物も定期的に発刊。近著では、「今より30ヤード飛ぶクラブを選ぶための36の法則」(実業之日本社)、「一生役立つゴルフゴルフ超上達法」(マイナビ出版)がある。現在、新刊書も数冊手がけている。

プレッシャーに弱い人ほどハードルを上げすぎている

 定期的に練習場に通っているのに、コースに出るとプレッシャーがかかって練習通りのショットが打てない。ここ一番でOBを打ってしまいスコアを崩してしまう……。

 ちまたでは、プレッシャーに強い人は「メンタルが強く、本番に強い」といわれ、プレッシャーに弱い人は「メンタルが弱く、本番に弱い」といわれている。

 確かにその通りで、メンタルは強いけどプレッシャーに弱いという人は、いまだかつて見たことがない。

 では、本番に強い人と弱い人は、どこがどう違うのか?

 本番に弱い人を見ていると、自分のハードルを必要以上に上げている人が少なくない。

 例えば、「練習場で打てたショットが、コースでは打てない」というのが、まさにその典型だ。練習場という気楽な場面で打てたナイスショットを基準にし、それが打てないと、ミスしたと嘆く。練習場でも打ち損じを何発も打っているが、そんなことは自分に都合良く記憶から消しているのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事