マーク金井
著者のコラム一覧
マーク金井クラブアナリスト、クラブ設計家

1958年、大阪府出身。ハンデ3。ゴルフ雑誌の編集記者からフリーに転身。05年にアナライズを設立し、自社スタジオでゴルフクラブの計測、試打を専門的に始める。同時にメーカーが作れなかった、アマチュアを救うクラブを設計し販売も手がける。執筆活動も積極に行い、新聞、雑誌、インターネットで連載を多数抱え、著作物も定期的に発刊。近著では、「今より30ヤード飛ぶクラブを選ぶための36の法則」(実業之日本社)、「一生役立つゴルフゴルフ超上達法」(マイナビ出版)がある。現在、新刊書も数冊手がけている。

頭とクラブが引っ張り合うインパクトが飛びに直結する

公開日:  更新日:

 先週の米男子ツアー、「ザ・プレーヤーズ選手権」は初日から首位に立ったジェイソン・デイ(豪)がそのまま逃げ切り、通算15アンダーで今季3勝目。世界ランクも1位をキープしている。

 デイといえば、オーソドックスなスイングで定評があるが、彼もまた体をうまく使ってドライバーの飛距離を得ている。

 インパクトからフォローにかけては頭が後方に動き、その反動でクラブをフォロー方向に振り抜いている。インパクトゾーンでは頭とクラブが逆に動き、互いに引っ張り合っているのが見て取れる。

 対して、体をしっかり使っているのに、飛距離が出ないゴルファーの場合、スイング中にこの作用と反作用の動きがない。インパクトゾーンで頭が打つ方向に動いている。作用と反作用の力がまったく働いていない。

 では、どんなイメージを持てば、インパクトゾーンで作用と反作用とを使えるようになるのか?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    「国民だましたらあかん」籠池夫妻が安倍首相の演説に本音

  10. 10

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

もっと見る