• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
マーク金井
著者のコラム一覧
マーク金井クラブアナリスト、クラブ設計家

1958年、大阪府出身。ハンデ3。ゴルフ雑誌の編集記者からフリーに転身。05年にアナライズを設立し、自社スタジオでゴルフクラブの計測、試打を専門的に始める。同時にメーカーが作れなかった、アマチュアを救うクラブを設計し販売も手がける。執筆活動も積極に行い、新聞、雑誌、インターネットで連載を多数抱え、著作物も定期的に発刊。近著では、「今より30ヤード飛ぶクラブを選ぶための36の法則」(実業之日本社)、「一生役立つゴルフゴルフ超上達法」(マイナビ出版)がある。現在、新刊書も数冊手がけている。

下半身リードのダウンスイング会得にはゴムホースでの素振りがオススメ

 先週の米男子ツアー、AT&Tバイロン・ネルソン選手権は、スペインのセルヒオ・ガルシアがプレーオフでブルックス・ケプカを下して米ツアー通算9勝目を挙げた。

 ガルシアの米9勝は、スペイン人選手としてはセベ・バレステロスに並び、最多タイとなった。

 ガルシアといえば、スイングの切れに定評がある。コンパクトなトップから、下半身をダイナミックに使ってクラブを鋭く振り切る。下半身のパワーを利用することで、効率よくヘッドスピードを上げている。

 対して、我々アマチュアの多くは、ダウンスイングで下半身が止まり、手先や上半身の力に頼ってクラブを振っている。

 ではどんな練習を積めば、ガルシアのように下半身リードのダウンスイングを会得できるのか?

 下半身をうまく使う感覚を養うには、ゴルフクラブではなく、ゴムホースを使っての素振りをお勧めしたい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  2. 2

    高プロの仰天デタラメ実態「年収1075万円以上」に根拠なし

  3. 3

    神戸市64歳職員が1日3分の“中抜け”で厳罰減給になったワケ

  4. 4

    米朝会談後に「空白の8時間」 金正恩は何をしていたのか

  5. 5

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  6. 6

    頭を切断されて10分後にガブリ!ガラガラヘビ驚異の生命力

  7. 7

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  8. 8

    父の遺体をBMWに乗せて埋葬…ナイジェリア男性に非難殺到

  9. 9

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

  10. 10

    蘇る4年前…ブラジルに王国の焦りとネイマール潰しの恐怖

もっと見る