マーク金井
著者のコラム一覧
マーク金井クラブアナリスト、クラブ設計家

1958年、大阪府出身。ハンデ3。ゴルフ雑誌の編集記者からフリーに転身。05年にアナライズを設立し、自社スタジオでゴルフクラブの計測、試打を専門的に始める。同時にメーカーが作れなかった、アマチュアを救うクラブを設計し販売も手がける。執筆活動も積極に行い、新聞、雑誌、インターネットで連載を多数抱え、著作物も定期的に発刊。近著では、「今より30ヤード飛ぶクラブを選ぶための36の法則」(実業之日本社)、「一生役立つゴルフゴルフ超上達法」(マイナビ出版)がある。現在、新刊書も数冊手がけている。

下半身リードのダウンスイング会得にはゴムホースでの素振りがオススメ

公開日: 更新日:

 先週の米男子ツアー、AT&Tバイロン・ネルソン選手権は、スペインのセルヒオ・ガルシアがプレーオフでブルックス・ケプカを下して米ツアー通算9勝目を挙げた。

 ガルシアの米9勝は、スペイン人選手としてはセベ・バレステロスに並び、最多タイとなった。

 ガルシアといえば、スイングの切れに定評がある。コンパクトなトップから、下半身をダイナミックに使ってクラブを鋭く振り切る。下半身のパワーを利用することで、効率よくヘッドスピードを上げている。

 対して、我々アマチュアの多くは、ダウンスイングで下半身が止まり、手先や上半身の力に頼ってクラブを振っている。

 ではどんな練習を積めば、ガルシアのように下半身リードのダウンスイングを会得できるのか?

 下半身をうまく使う感覚を養うには、ゴルフクラブではなく、ゴムホースを使っての素振りをお勧めしたい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  2. 2

    ジャニーズ退所を加速させた「演出家・錦織一清」の名声

  3. 3

    志村けんさん25話ぶり登場 山田耕筰と山根銀二の戦犯論争

  4. 4

    山口達也容疑者の飲酒事故がTOKIO松岡の仕事に影を落とす

  5. 5

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  6. 6

    芦田愛菜の八面六臂の活躍で実感…子役の果ては女高男低

  7. 7

    辞め時は「64歳11カ月」少しでもおトクな退職法をおさらい

  8. 8

    日ハム若手が結婚公表を渋るのは…稲葉侍J監督夫妻が原因

  9. 9

    中曽根元首相の合同葬 国の“コロナ対策”予算から9600万円

  10. 10

    プロ野球契約最終年 首筋が寒い監督4人「去る者 残る者」

もっと見る