日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

交流戦で巨人3連敗 ソフトBとの差を高橋善正氏が多角分析

「この日も点差以上の差を感じさせられました」

 評論家の高橋善正氏がこう言った。

 巨人が5-7で敗れ、ソフトバンクに3タテを食らった昨12日の試合。試合後、巨人の高橋由伸監督(41)は、「結果を受け止めて気持ちを切り替えて欲しい」と選手に奮起を促したが、

「ソフトバンクは2番打者の城所が初回から2打席連続本塁打。伏兵ながら、巨人の中軸打者と比較しても、見劣りするどころか、振り切るというスイングの迫力では上回っていた。初戦はエースの菅野が2失点完投した巨人に対し、ソフトバンクは4投手の継投で1失点。巨人ナインはこの3連戦で、投手力も攻撃力もレベルの違いを痛感させられたはずです。現場の選手や首脳陣はもちろん、球団もこの結果を重く受け止めるべき。チームづくりの根幹から見直さなければ、ソフトバンクとの差は埋まらないという気がします」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事