無名選手が決勝G EURO初出場アルバニアが歴史的勝ち点3

公開日:  更新日:

 ユーロ初出場のアルバニアの歴史的初勝ち点は“無名”選手によってもたらされた。

 2連敗後のルーマニア戦(日本時間20日午前4時キックオフ)の前半43分、背番号10のMFサディクが、ヘディングで先制点を決めたのだ。

 この虎の子の1点を守り切ったアルバニア。

「サポーターの凄まじい応援が勝利をプッシュしました」と現地で取材中の元川悦子氏(サッカージャーナリスト)が言う。

「試合会場のリヨンではキックオフの何時間も前から多くのアルバニア人が怪気炎を上げ、試合中の熱狂度も凄まじいのひと言。選手の闘争心あふれるプレーとともに感動すら覚えるほどでした。サディクはスイスリーグの下位クラブに所属。目立った戦績は残していないが、代表ではゴールの予感を強烈に感じさせる選手です。一気に評価を高め、欧州内の中堅以上のクラブに引っ張られる可能性も出てきました」

 MFサディクという名前を覚えておこう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る