• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

無名選手が決勝G EURO初出場アルバニアが歴史的勝ち点3

 ユーロ初出場のアルバニアの歴史的初勝ち点は“無名”選手によってもたらされた。

 2連敗後のルーマニア戦(日本時間20日午前4時キックオフ)の前半43分、背番号10のMFサディクが、ヘディングで先制点を決めたのだ。

 この虎の子の1点を守り切ったアルバニア。

「サポーターの凄まじい応援が勝利をプッシュしました」と現地で取材中の元川悦子氏(サッカージャーナリスト)が言う。

「試合会場のリヨンではキックオフの何時間も前から多くのアルバニア人が怪気炎を上げ、試合中の熱狂度も凄まじいのひと言。選手の闘争心あふれるプレーとともに感動すら覚えるほどでした。サディクはスイスリーグの下位クラブに所属。目立った戦績は残していないが、代表ではゴールの予感を強烈に感じさせる選手です。一気に評価を高め、欧州内の中堅以上のクラブに引っ張られる可能性も出てきました」

 MFサディクという名前を覚えておこう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  3. 3

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    生田悦子さん 最期の言葉は「サンドイッチ買ってきて」

  10. 10

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

もっと見る