• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

元仏代表MFプティ語る 「ビッグトーナメント制するには」

 欧州選手権(ユーロ)を取材中のサッカージャーナリスト・元川悦子氏が、フランス代表─アルバニア戦(15日)の試合会場マルセイユで、母国開催の98年フランスW杯優勝メンバーの主力MFだったエマニエル・プティ(45)を直撃した。

「フランスが開幕戦で戦ったルーマニア、2戦目のアルバニアともに守備を固めてきた分、フランスは攻めあぐんだ。特にアルバニアには最後まで苦しめられた。デシャン監督は左右両サイドにFWマルシャル(マンU)とFWコマン(バイエルンM)を先発させたけど機能しなかった。特に左のマルシャルは自己中心的な判断が多くて空回りしていたね。でも、問題点を見逃さず、すぐに手を打つところがデシャンの有能なところ。後半頭からMFポグバ(ユベントス)を入れ、MFパイエ(ウエストハム)を中央から左に移動させ、チームは躍動感を取り戻した。ポグバは非常にいい動きを見せたし、その後で交代出場のFWグリエスマン(Aマドリード)も違いをつくり出した。実に見事な采配だった」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  5. 5

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  6. 6

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  7. 7

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  8. 8

    巨人・重信の台頭で…“FAの目玉”広島・丸の獲得に影響も

  9. 9

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  10. 10

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

もっと見る