元仏代表MFプティ語る 「ビッグトーナメント制するには」

公開日:  更新日:

 欧州選手権(ユーロ)を取材中のサッカージャーナリスト・元川悦子氏が、フランス代表─アルバニア戦(15日)の試合会場マルセイユで、母国開催の98年フランスW杯優勝メンバーの主力MFだったエマニエル・プティ(45)を直撃した。

「フランスが開幕戦で戦ったルーマニア、2戦目のアルバニアともに守備を固めてきた分、フランスは攻めあぐんだ。特にアルバニアには最後まで苦しめられた。デシャン監督は左右両サイドにFWマルシャル(マンU)とFWコマン(バイエルンM)を先発させたけど機能しなかった。特に左のマルシャルは自己中心的な判断が多くて空回りしていたね。でも、問題点を見逃さず、すぐに手を打つところがデシャンの有能なところ。後半頭からMFポグバ(ユベントス)を入れ、MFパイエ(ウエストハム)を中央から左に移動させ、チームは躍動感を取り戻した。ポグバは非常にいい動きを見せたし、その後で交代出場のFWグリエスマン(Aマドリード)も違いをつくり出した。実に見事な采配だった」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

もっと見る