元仏代表MFプティ語る 「ビッグトーナメント制するには」

公開日: 更新日:

 欧州選手権(ユーロ)を取材中のサッカージャーナリスト・元川悦子氏が、フランス代表─アルバニア戦(15日)の試合会場マルセイユで、母国開催の98年フランスW杯優勝メンバーの主力MFだったエマニエル・プティ(45)を直撃した。

「フランスが開幕戦で戦ったルーマニア、2戦目のアルバニアともに守備を固めてきた分、フランスは攻めあぐんだ。特にアルバニアには最後まで苦しめられた。デシャン監督は左右両サイドにFWマルシャル(マンU)とFWコマン(バイエルンM)を先発させたけど機能しなかった。特に左のマルシャルは自己中心的な判断が多くて空回りしていたね。でも、問題点を見逃さず、すぐに手を打つところがデシャンの有能なところ。後半頭からMFポグバ(ユベントス)を入れ、MFパイエ(ウエストハム)を中央から左に移動させ、チームは躍動感を取り戻した。ポグバは非常にいい動きを見せたし、その後で交代出場のFWグリエスマン(Aマドリード)も違いをつくり出した。実に見事な采配だった」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    錦織圭やはり問われる「チーム体制」万年8強止まりの元凶

  2. 2

    「闇営業」謹慎処分で一番ワリを食ったガリットチュウ福島

  3. 3

    花嫁の逆襲 私の結婚式を台無しにしたあの女が許せない!

  4. 4

    損しないために“ねんきん定期便”確認すべき3つのポイント

  5. 5

    若林ドン引き オードリー春日「浮気謝罪で100万円」の性根

  6. 6

    広瀬すずvs永野芽郁 NHK朝ドラの次は映画で対決か?

  7. 7

    超肉食同士は食い合わない?蒼井優が唯一落とせなかった男

  8. 8

    交流戦で打率急降下…G坂本が迫られる「本塁打か安打か」

  9. 9

    吉本興業と安倍政権は蜜月 官民ファンド100億円出資の行方

  10. 10

    オードリー春日の浮気発覚 人間の性根は簡単に変わらない

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る