宮里優作23位が最高…全米OPで露呈した「日本人の限界」

公開日:  更新日:

【全米オープン】

「要所要所で日本でやっていたことが通用することがわかった」

 日本人トップの通算7オーバー23位に終わった宮里優作(36)がホールアウト後にこう胸を張ったが、果たしてそうか。

 スコアを3つ落として迎えた14番パー4で、2打目をカップに放り込み、連日のチップインイーグルだったが、見せ場はこれだけ。直後の15番は左ラフに曲げ、16番では60センチのパーパットを外して連続ボギー。終わってみれば1イーグル、1バーディー、5ボギー、1ダブルボギーと4つもスコアを落とした。

 通算12オーバー51位の谷原秀人(37)にしても似たり寄ったり。「なかなかアンダーで回らせてもらえなかった。すべてに関してタフだった」とお手上げ状態だった。

 2010年以来、2度目の出場で予選落ちした池田勇太(30)が「難しいコースに対応できなかった。課題はたくさんある」といえば、10回目の出場で8度の予選落ちとなった谷口徹(48)は「キャリーでグリーンを狙うゴルフをやっていなかったので、戸惑いがあった」と、日本人プロは泣き言ばかり。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  5. 5

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  6. 6

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  7. 7

    上田慎一郎監督が語る 10年前の小説から「カメ止め」まで

  8. 8

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  9. 9

    史上最弱横綱・稀勢の里 引退した途端“英雄扱い”の違和感

  10. 10

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

もっと見る