ルーニー投入でも勝てず…イングランド思惑外れB組2位に

公開日:  更新日:

 フランスで開催中の欧州選手権(ユーロ)で優勝候補に挙げられているイングランドは、3戦目のスロバキア戦(日本時間21日午前4時キックオフ)の先発を2戦目ウェールズ戦から主軸MFルーニーを含め、6選手をガラッと入れ替えた。

 指揮官ホジソンの思惑は「大黒柱のルーニーを休ませた上で勝ち点3を奪い、グループリーグB組を首位で通過することだった」とは現地取材中のサッカージャーナリスト・元川悦子氏である。

 前半を0―0で折り返すと後半はスロバキアが攻勢を強め、ホジソン監督は11分、主導権を奪い返すためにルーニーを投入した。ボランチに入ったルーニーだが、チームメートの流動的な動きを見て左右両サイド、トップとポジションを変えて攻守のつなぎ役をこなしながらチャンスメーク、シュート、セットプレーのキッカー、そして献身的な守備と大忙しだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  7. 7

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    平成最後の紅白は迷走…“目玉なし”で視聴率最低の大ピンチ

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る