ルーニー投入でも勝てず…イングランド思惑外れB組2位に

公開日:  更新日:

 フランスで開催中の欧州選手権(ユーロ)で優勝候補に挙げられているイングランドは、3戦目のスロバキア戦(日本時間21日午前4時キックオフ)の先発を2戦目ウェールズ戦から主軸MFルーニーを含め、6選手をガラッと入れ替えた。

 指揮官ホジソンの思惑は「大黒柱のルーニーを休ませた上で勝ち点3を奪い、グループリーグB組を首位で通過することだった」とは現地取材中のサッカージャーナリスト・元川悦子氏である。

 前半を0―0で折り返すと後半はスロバキアが攻勢を強め、ホジソン監督は11分、主導権を奪い返すためにルーニーを投入した。ボランチに入ったルーニーだが、チームメートの流動的な動きを見て左右両サイド、トップとポジションを変えて攻守のつなぎ役をこなしながらチャンスメーク、シュート、セットプレーのキッカー、そして献身的な守備と大忙しだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  5. 5

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  6. 6

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  7. 7

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  8. 8

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    日ハム吉田輝星が明かす 根尾からの刺激と痛感した実力差

もっと見る