日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ルール研究家指摘 全米OP覇者ジョンソンは「無罰が正解」

 後味の悪い幕切れだった。今年の全米オープンゴルフ(米ペンシルベニア州オークモントCC)は、D・ジョンソンが通算5アンダーで優勝のはずが、ラウンド後に1罰打を科された。

「トラブル」が生じたのは、この日の5番グリーン。ジョンソンがパットをしようとパターをグリーンに置いた直後にボールがわずかに動いた。競技委員を呼んで確認すると、この時は無罰。ところが、12番をプレー中に別の競技委員から「ボールが動いた原因は不明なので終了後に確認する」と言われ、「処分保留」のままプレー続行。ホールアウト後に「パターをグリーンにつけた直後にボールが動いた。それが原因とするのが妥当」と説明され、罰を受けたのだ。仮に2位選手と1打差だったら同スコアで並ぶことになっただけに、「あり得ない判断」という声が選手間から多数出た。

■なぜペナルティーを科したのか

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事