ルール研究家指摘 全米OP覇者ジョンソンは「無罰が正解」

公開日:  更新日:

 後味の悪い幕切れだった。今年の全米オープンゴルフ(米ペンシルベニア州オークモントCC)は、D・ジョンソンが通算5アンダーで優勝のはずが、ラウンド後に1罰打を科された。

「トラブル」が生じたのは、この日の5番グリーン。ジョンソンがパットをしようとパターをグリーンに置いた直後にボールがわずかに動いた。競技委員を呼んで確認すると、この時は無罰。ところが、12番をプレー中に別の競技委員から「ボールが動いた原因は不明なので終了後に確認する」と言われ、「処分保留」のままプレー続行。ホールアウト後に「パターをグリーンにつけた直後にボールが動いた。それが原因とするのが妥当」と説明され、罰を受けたのだ。仮に2位選手と1打差だったら同スコアで並ぶことになっただけに、「あり得ない判断」という声が選手間から多数出た。

■なぜペナルティーを科したのか

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る