ルール研究家指摘 全米OP覇者ジョンソンは「無罰が正解」

公開日:  更新日:

 後味の悪い幕切れだった。今年の全米オープンゴルフ(米ペンシルベニア州オークモントCC)は、D・ジョンソンが通算5アンダーで優勝のはずが、ラウンド後に1罰打を科された。

「トラブル」が生じたのは、この日の5番グリーン。ジョンソンがパットをしようとパターをグリーンに置いた直後にボールがわずかに動いた。競技委員を呼んで確認すると、この時は無罰。ところが、12番をプレー中に別の競技委員から「ボールが動いた原因は不明なので終了後に確認する」と言われ、「処分保留」のままプレー続行。ホールアウト後に「パターをグリーンにつけた直後にボールが動いた。それが原因とするのが妥当」と説明され、罰を受けたのだ。仮に2位選手と1打差だったら同スコアで並ぶことになっただけに、「あり得ない判断」という声が選手間から多数出た。

■なぜペナルティーを科したのか

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  4. 4

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  5. 5

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

もっと見る