“因縁”寺田初先発、由規も合流へ 巨人の“鬼門”はヤクルト戦

公開日: 更新日:

 広島に連敗し、重い足取りで24日に帰京した2位巨人。優勝を占う上で今後のポイントになるのは3位ヤクルト戦だろう。残り9試合と一番多く、今日25日から3連戦を行う敵地・神宮で5試合も残しているからだ。

 今季10勝6敗と勝ち越しているヤクルト戦も、神宮となると2勝4敗と分が悪い。その上、エース菅野がプロ入り3年間で5戦3敗といまだ勝ったことがない。原監督の頭痛の種でもあるのが、このヤクルト戦なのだ。

 そこへ、あの剛腕が帰ってくるという情報が、巨人陣営に嫌な汗をかかせている。ヤクルトの最速161キロ右腕・由規(25)のことである。

 去る22日に二軍の練習試合で3カ月半ぶりとなる実戦登板。2イニング32球を投げ無安打無失点。最速147キロをマークし、次回は先発予定という。右肩痛で11年9月3日の巨人戦を最後に一軍登板から遠ざかる。13年4月に右肩を手術した由規は「今年中に一軍で投げたい」と熱望。来月にも一軍に合流する可能性が出てきたというのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  2. 2

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  3. 3

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

  4. 4

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

  5. 5

    自民が9月入学で造反 党内に漂う“裸の王様”安倍離れの空気

  6. 6

    手越祐也に退所報道 “NEWSセンター”山下智久との明と暗

  7. 7

    殴られ踏みつけられ…ビートたけしを激撮したカメラマン魂

  8. 8

    安倍政権がなにかやるとき…良い子のみんなはわかってる!

  9. 9

    女子プロ記者語る木村花さんの素顔 リングで育った女の子

  10. 10

    ネット規制の狙いミエミエ 安倍政権が露骨なSNSデモ潰し

もっと見る