• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
マーク金井
著者のコラム一覧
マーク金井クラブアナリスト、クラブ設計家

1958年、大阪府出身。ハンデ3。ゴルフ雑誌の編集記者からフリーに転身。05年にアナライズを設立し、自社スタジオでゴルフクラブの計測、試打を専門的に始める。同時にメーカーが作れなかった、アマチュアを救うクラブを設計し販売も手がける。執筆活動も積極に行い、新聞、雑誌、インターネットで連載を多数抱え、著作物も定期的に発刊。近著では、「今より30ヤード飛ぶクラブを選ぶための36の法則」(実業之日本社)、「一生役立つゴルフゴルフ超上達法」(マイナビ出版)がある。現在、新刊書も数冊手がけている。

ドライバーの弾道はヘッド軌道とフェースの向きで決まる

 今季メジャー第2戦の全米オープンは、ダスティン・ジョンソンが最終日もスコアを着実に伸ばし、通算4アンダーで優勝。昨年大会では最終ホールで3パットして2位に甘んじたが、今年は最終ホールでバーディーを奪取。雪辱を見事に果たし、世界ランクも6位から3位に上げている。

 ジョンソンといえば、米ツアー屈指のロングヒッターで、軽く振って300ヤード、しっかり振ると350ヤード近くも飛ばす。ティーショットでは飛距離を50ヤードぐらい変えてくる。

 では、どんなふうにしてドライバーの距離をコントロールしているのか?

 飛ばす時と飛ばさない時の違いは、インパクト時のフェースの向きだ。

 遠くに飛ばしたい時は、ヘッドの軌道とフェース向きのズレが少ない。ボールとヘッドが正面衝突することでエネルギー効率が上がり、それで飛距離を出している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    鈴木良平氏が異論 「代表監督は日本人に限る」風潮は尚早

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    忖度が世代交代の妨げに…日本が4年後W杯で払う大きなツケ

  10. 10

    フジ主演ドラマ好発進も…山崎賢人に足りないアドリブの妙

もっと見る