マーク金井
著者のコラム一覧
マーク金井クラブアナリスト、クラブ設計家

1958年、大阪府出身。ハンデ3。ゴルフ雑誌の編集記者からフリーに転身。05年にアナライズを設立し、自社スタジオでゴルフクラブの計測、試打を専門的に始める。同時にメーカーが作れなかった、アマチュアを救うクラブを設計し販売も手がける。執筆活動も積極に行い、新聞、雑誌、インターネットで連載を多数抱え、著作物も定期的に発刊。近著では、「今より30ヤード飛ぶクラブを選ぶための36の法則」(実業之日本社)、「一生役立つゴルフゴルフ超上達法」(マイナビ出版)がある。現在、新刊書も数冊手がけている。

ドライバーの弾道はヘッド軌道とフェースの向きで決まる

公開日: 更新日:

 今季メジャー第2戦の全米オープンは、ダスティン・ジョンソンが最終日もスコアを着実に伸ばし、通算4アンダーで優勝。昨年大会では最終ホールで3パットして2位に甘んじたが、今年は最終ホールでバーディーを奪取。雪辱を見事に果たし、世界ランクも6位から3位に上げている。

 ジョンソンといえば、米ツアー屈指のロングヒッターで、軽く振って300ヤード、しっかり振ると350ヤード近くも飛ばす。ティーショットでは飛距離を50ヤードぐらい変えてくる。

 では、どんなふうにしてドライバーの距離をコントロールしているのか?

 飛ばす時と飛ばさない時の違いは、インパクト時のフェースの向きだ。

 遠くに飛ばしたい時は、ヘッドの軌道とフェース向きのズレが少ない。ボールとヘッドが正面衝突することでエネルギー効率が上がり、それで飛距離を出している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台風19号で断水 町の自衛隊給水支援に神奈川県が“待った”

  2. 2

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

  3. 3

    金丸信吾氏「拉致問題解決は国交正常化こそが一番の近道」

  4. 4

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  5. 5

    パCSファイナルで激突 西武とソフトBはFA戦線でも暗闘

  6. 6

    巨人にやっと1勝…阪神には落合博満のような“劇薬”が必要

  7. 7

    複数球団が熱視線 ソフトB福田がオフFA最大の目玉は本当か

  8. 8

    坂本の腰痛不安で続く遊撃探し 巨人“外れドラ1”候補の名前

  9. 9

    予算委で露呈 想像を超えるオンポロ内閣、チンピラ答弁

  10. 10

    セは来季も巨人の独り勝ち濃厚 ライバル5球団に好材料なし

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る