日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
マーク金井
著者のコラム一覧
マーク金井クラブアナリスト、クラブ設計家

1958年、大阪府出身。ハンデ3。ゴルフ雑誌の編集記者からフリーに転身。05年にアナライズを設立し、自社スタジオでゴルフクラブの計測、試打を専門的に始める。同時にメーカーが作れなかった、アマチュアを救うクラブを設計し販売も手がける。執筆活動も積極に行い、新聞、雑誌、インターネットで連載を多数抱え、著作物も定期的に発刊。近著では、「今より30ヤード飛ぶクラブを選ぶための36の法則」(実業之日本社)、「一生役立つゴルフゴルフ超上達法」(マイナビ出版)がある。現在、新刊書も数冊手がけている。

ドライバーの弾道はヘッド軌道とフェースの向きで決まる

 今季メジャー第2戦の全米オープンは、ダスティン・ジョンソンが最終日もスコアを着実に伸ばし、通算4アンダーで優勝。昨年大会では最終ホールで3パットして2位に甘んじたが、今年は最終ホールでバーディーを奪取。雪辱を見事に果たし、世界ランクも6位から3位に上げている。

 ジョンソンといえば、米ツアー屈指のロングヒッターで、軽く振って300ヤード、しっかり振ると350ヤード近くも飛ばす。ティーショットでは飛距離を50ヤードぐらい変えてくる。

 では、どんなふうにしてドライバーの距離をコントロールしているのか?

 飛ばす時と飛ばさない時の違いは、インパクト時のフェースの向きだ。

 遠くに飛ばしたい時は、ヘッドの軌道とフェース向きのズレが少ない。ボールとヘッドが正面衝突することでエネルギー効率が上がり、それで飛距離を出している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事