マーク金井
著者のコラム一覧
マーク金井クラブアナリスト、クラブ設計家

1958年、大阪府出身。ハンデ3。ゴルフ雑誌の編集記者からフリーに転身。05年にアナライズを設立し、自社スタジオでゴルフクラブの計測、試打を専門的に始める。同時にメーカーが作れなかった、アマチュアを救うクラブを設計し販売も手がける。執筆活動も積極に行い、新聞、雑誌、インターネットで連載を多数抱え、著作物も定期的に発刊。近著では、「今より30ヤード飛ぶクラブを選ぶための36の法則」(実業之日本社)、「一生役立つゴルフゴルフ超上達法」(マイナビ出版)がある。現在、新刊書も数冊手がけている。

ドライバーの弾道はヘッド軌道とフェースの向きで決まる

公開日: 更新日:

 今季メジャー第2戦の全米オープンは、ダスティン・ジョンソンが最終日もスコアを着実に伸ばし、通算4アンダーで優勝。昨年大会では最終ホールで3パットして2位に甘んじたが、今年は最終ホールでバーディーを奪取。雪辱を見事に果たし、世界ランクも6位から3位に上げている。

 ジョンソンといえば、米ツアー屈指のロングヒッターで、軽く振って300ヤード、しっかり振ると350ヤード近くも飛ばす。ティーショットでは飛距離を50ヤードぐらい変えてくる。

 では、どんなふうにしてドライバーの距離をコントロールしているのか?

 飛ばす時と飛ばさない時の違いは、インパクト時のフェースの向きだ。

 遠くに飛ばしたい時は、ヘッドの軌道とフェース向きのズレが少ない。ボールとヘッドが正面衝突することでエネルギー効率が上がり、それで飛距離を出している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    GoToトラベル再開で経済効果あり? 適当なことをいうなっ

  3. 3

    出場選手「ワクチン優先接種」実施なら五輪中止のトドメに

  4. 4

    台湾脱線事故で日本の鉄道関係者に衝撃が走ったワケ

  5. 5

    五輪警官宿舎で“48億円ドブ捨て” 第4波備え都民に開放を!

  6. 6

    株式会社TOKIO設立に隠された深い意味 復興を途切らせない

  7. 7

    フミヤ還暦目前で確執決着? チェッカーズ再結成の奇跡も

  8. 8

    小池知事“数字”取れず…竹山が批判の動画も再生回数伸びず

  9. 9

    落合博満さんにこっそり聞いた「守備のポジショニング」

  10. 10

    眞子さまと小室さん描くシナリオ 弁護士合格で年内結婚?

もっと見る