日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
マーク金井
著者のコラム一覧
マーク金井クラブアナリスト、クラブ設計家

1958年、大阪府出身。ハンデ3。ゴルフ雑誌の編集記者からフリーに転身。05年にアナライズを設立し、自社スタジオでゴルフクラブの計測、試打を専門的に始める。同時にメーカーが作れなかった、アマチュアを救うクラブを設計し販売も手がける。執筆活動も積極に行い、新聞、雑誌、インターネットで連載を多数抱え、著作物も定期的に発刊。近著では、「今より30ヤード飛ぶクラブを選ぶための36の法則」(実業之日本社)、「一生役立つゴルフゴルフ超上達法」(マイナビ出版)がある。現在、新刊書も数冊手がけている。

椅子に座っての素振りは左ヒジをたたむ感覚がわかる

 手打ちとボディーターンとでは、どちらを意識した方がドライバーの飛距離が伸びるのか?

 プロのスイングを観察すると、ロングヒッターほど体をダイナミックに使っている。体を止め手先だけでクラブを振り回して300ヤードも飛ばすプロはいない。

 では、手はまったく使わないでいいのかというと、そうではない。

 例えば、椅子に座ってスイングするというドリルがある。この体勢だと体が使えない。手打ちにならざるを得ないが、プロならば250ヤード近く飛ばす人もいる。

 言い換えると、アマチュアよりもプロの方が手や腕をうまく使っているから、効率良くボールを飛ばせるのである。

 では、どんな練習をすれば手と腕をうまく使って飛ばせるようになるのか?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事