マーク金井
著者のコラム一覧
マーク金井クラブアナリスト、クラブ設計家

1958年、大阪府出身。ハンデ3。ゴルフ雑誌の編集記者からフリーに転身。05年にアナライズを設立し、自社スタジオでゴルフクラブの計測、試打を専門的に始める。同時にメーカーが作れなかった、アマチュアを救うクラブを設計し販売も手がける。執筆活動も積極に行い、新聞、雑誌、インターネットで連載を多数抱え、著作物も定期的に発刊。近著では、「今より30ヤード飛ぶクラブを選ぶための36の法則」(実業之日本社)、「一生役立つゴルフゴルフ超上達法」(マイナビ出版)がある。現在、新刊書も数冊手がけている。

椅子に座っての素振りは左ヒジをたたむ感覚がわかる

公開日:  更新日:

 手打ちとボディーターンとでは、どちらを意識した方がドライバーの飛距離が伸びるのか?

 プロのスイングを観察すると、ロングヒッターほど体をダイナミックに使っている。体を止め手先だけでクラブを振り回して300ヤードも飛ばすプロはいない。

 では、手はまったく使わないでいいのかというと、そうではない。

 例えば、椅子に座ってスイングするというドリルがある。この体勢だと体が使えない。手打ちにならざるを得ないが、プロならば250ヤード近く飛ばす人もいる。

 言い換えると、アマチュアよりもプロの方が手や腕をうまく使っているから、効率良くボールを飛ばせるのである。

 では、どんな練習をすれば手と腕をうまく使って飛ばせるようになるのか?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  2. 2

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  3. 3

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

  10. 10

    “PC打てない”桜田大臣 ツイッターで大島優子フォローの謎

もっと見る