観客減続く男子大会 最終日当日券「平均4452円」は妥当か

公開日: 更新日:

 2010年に2万4292人(25試合)だった国内男子ツアーの1試合平均入場者数は昨年、1万4018人(24試合)まで減少。ついに国内女子ツアー1万5148人(37試合・15年)にも抜かれた。女子ツアーは37試合中、4日間大会が9試合しかない点を考えれば、1日当たりの入場者数はさらに開く。

 原因のひとつはチケット料金だろう。男子の最終日当日券の平均が4452円であるのに対し、女子は3527円。

 ゴルフは同時に異なる組の選手のプレーは見られない上、コースは狭くて歩きづらい。他のスポーツと違って、観客席にゆっくり座って観戦というわけにはいかない。食事場所や料理メニューは限られ、すべてとはいわないが高くてまずいケースが多い。トイレの数も少ないから、長蛇の列ができ、しかも簡易トイレがほとんどで汚い。雨や風をしのぐ場所もない。それでいて、男子大会はスター選手不在なのだから、観客数が減り続けるのも当然だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「桜を見る会」悪徳マルチ跋扈を許した経産OBと官邸の黒幕

  2. 2

    「山健組」の弱体化を招いた元ナンバー3への“絶縁処分”

  3. 3

    TV局が3カ月でしゃぶりつくした“ラグビーバブル”終焉の先

  4. 4

    ゴルフ石川遼が28歳で10億円も…野球とは稼ぎで“雲泥の差”

  5. 5

    「70万円の婚約指輪が小さく感じる」女性の相談が大炎上!

  6. 6

    大谷、菅野…更改で気になる高給取り5選手のカネの使い道

  7. 7

    「馬毛島」を防衛省に売却 86歳老経営者の14年の“粘り腰”

  8. 8

    北朝鮮が「重大実験」発表 米との対立再燃“Xデー”は2.16か

  9. 9

    子供の「買って買って病」に抜群に効くシンプルな方法!

  10. 10

    平井堅とんだトバッチリ「4分間のマリーゴールド」低迷で

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る