“福島千里時代”いつまで? 日本女子短距離は深刻後継不足

公開日:  更新日:

「もう1ステップ、2ステップ成長できるように頑張っていきたい」

 陸上日本選手権最終日(26日=パロマ瑞穂)、女子200メートル決勝の福島千里(27)は、追い風1.8メートルの好条件の下、自らの記録(22秒89)を更新する22秒88の日本新記録で6連覇を達成。前日の100メートルに続いて2種目のリオ五輪内定を決めて意気込みを語った。

 それにしても女子の短距離は若手が育たない。200で6連覇の福島は、100でも7年連続8度目の優勝を飾り、6年連続の2冠で3大会連続の五輪出場を決めたが、切磋琢磨する強力なライバルがいないので記録がまったく伸びない。この日の200の記録更新は6年ぶりのこと。しかも100分の1だ。やはり福島が2010年に出した100メートル11秒21の記録だって今も破られていない。

 この程度の時計でも国内なら「女王」と呼ばれるが、五輪に出ればまったく歯が立たない。例えばロンドン大会女子200の金は、アリソン・フェリックス(米国)の21秒88。福島が更新した日本記録とは1秒も違う。銅のカーメリタ・ジーター(米国)でさえ22秒14だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  5. 5

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  6. 6

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  7. 7

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  8. 8

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    日ハム吉田輝星が明かす 根尾からの刺激と痛感した実力差

もっと見る