• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“福島千里時代”いつまで? 日本女子短距離は深刻後継不足

「もう1ステップ、2ステップ成長できるように頑張っていきたい」

 陸上日本選手権最終日(26日=パロマ瑞穂)、女子200メートル決勝の福島千里(27)は、追い風1.8メートルの好条件の下、自らの記録(22秒89)を更新する22秒88の日本新記録で6連覇を達成。前日の100メートルに続いて2種目のリオ五輪内定を決めて意気込みを語った。

 それにしても女子の短距離は若手が育たない。200で6連覇の福島は、100でも7年連続8度目の優勝を飾り、6年連続の2冠で3大会連続の五輪出場を決めたが、切磋琢磨する強力なライバルがいないので記録がまったく伸びない。この日の200の記録更新は6年ぶりのこと。しかも100分の1だ。やはり福島が2010年に出した100メートル11秒21の記録だって今も破られていない。

 この程度の時計でも国内なら「女王」と呼ばれるが、五輪に出ればまったく歯が立たない。例えばロンドン大会女子200の金は、アリソン・フェリックス(米国)の21秒88。福島が更新した日本記録とは1秒も違う。銅のカーメリタ・ジーター(米国)でさえ22秒14だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  2. 2

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  5. 5

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  6. 6

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  7. 7

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  10. 10

    K-POPガールズ空前のブーム レコード会社熾烈争奪戦の行方

もっと見る