“福島千里時代”いつまで? 日本女子短距離は深刻後継不足

公開日: 更新日:

「もう1ステップ、2ステップ成長できるように頑張っていきたい」

 陸上日本選手権最終日(26日=パロマ瑞穂)、女子200メートル決勝の福島千里(27)は、追い風1.8メートルの好条件の下、自らの記録(22秒89)を更新する22秒88の日本新記録で6連覇を達成。前日の100メートルに続いて2種目のリオ五輪内定を決めて意気込みを語った。

 それにしても女子の短距離は若手が育たない。200で6連覇の福島は、100でも7年連続8度目の優勝を飾り、6年連続の2冠で3大会連続の五輪出場を決めたが、切磋琢磨する強力なライバルがいないので記録がまったく伸びない。この日の200の記録更新は6年ぶりのこと。しかも100分の1だ。やはり福島が2010年に出した100メートル11秒21の記録だって今も破られていない。

 この程度の時計でも国内なら「女王」と呼ばれるが、五輪に出ればまったく歯が立たない。例えばロンドン大会女子200の金は、アリソン・フェリックス(米国)の21秒88。福島が更新した日本記録とは1秒も違う。銅のカーメリタ・ジーター(米国)でさえ22秒14だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    GoToトラベル再開で経済効果あり? 適当なことをいうなっ

  3. 3

    出場選手「ワクチン優先接種」実施なら五輪中止のトドメに

  4. 4

    台湾脱線事故で日本の鉄道関係者に衝撃が走ったワケ

  5. 5

    五輪警官宿舎で“48億円ドブ捨て” 第4波備え都民に開放を!

  6. 6

    フミヤ還暦目前で確執決着? チェッカーズ再結成の奇跡も

  7. 7

    株式会社TOKIO設立に隠された深い意味 復興を途切らせない

  8. 8

    小池知事“数字”取れず…竹山が批判の動画も再生回数伸びず

  9. 9

    落合博満さんにこっそり聞いた「守備のポジショニング」

  10. 10

    眞子さまと小室さん描くシナリオ 弁護士合格で年内結婚?

もっと見る