“福島千里時代”いつまで? 日本女子短距離は深刻後継不足

公開日:  更新日:

「もう1ステップ、2ステップ成長できるように頑張っていきたい」

 陸上日本選手権最終日(26日=パロマ瑞穂)、女子200メートル決勝の福島千里(27)は、追い風1.8メートルの好条件の下、自らの記録(22秒89)を更新する22秒88の日本新記録で6連覇を達成。前日の100メートルに続いて2種目のリオ五輪内定を決めて意気込みを語った。

 それにしても女子の短距離は若手が育たない。200で6連覇の福島は、100でも7年連続8度目の優勝を飾り、6年連続の2冠で3大会連続の五輪出場を決めたが、切磋琢磨する強力なライバルがいないので記録がまったく伸びない。この日の200の記録更新は6年ぶりのこと。しかも100分の1だ。やはり福島が2010年に出した100メートル11秒21の記録だって今も破られていない。

 この程度の時計でも国内なら「女王」と呼ばれるが、五輪に出ればまったく歯が立たない。例えばロンドン大会女子200の金は、アリソン・フェリックス(米国)の21秒88。福島が更新した日本記録とは1秒も違う。銅のカーメリタ・ジーター(米国)でさえ22秒14だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    平成最後の紅白は迷走…“目玉なし”で視聴率最低の大ピンチ

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る