故障で函館ハーフ欠場 リオ代表福士加代子に吹く“逆風”

公開日:  更新日:

 直前で代表選手を変更する事態になりかねない。

 リオ五輪女子マラソン代表の福士加代子(34)が右足故障のため、出場を予定していた26日の函館マラソン(ハーフの部)への欠場が決まった。福士は今月中旬まで行った米国合宿からの帰国後、右足を検査。第4中足骨故障のため、大事を取って出場を見送った。

 所属先であるワコールの永山忠幸監督は疲労骨折の疑いを「折れていない」と否定した上で、「石橋をたたかせていただく。練習は続けている」と説明。7月には調整のため海外レースの出場を検討しているという。患部の状態にもよるが、調整の大幅な遅れは避けられない。

 福士は優勝した1月の大阪国際女子マラソンでは2時間22分17秒をマークし、代表3人の中で唯一、日本陸連が定めた派遣設定記録(2時間22分30秒)をクリアした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

  10. 10

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

もっと見る