日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

故障で函館ハーフ欠場 リオ代表福士加代子に吹く“逆風”

 直前で代表選手を変更する事態になりかねない。

 リオ五輪女子マラソン代表の福士加代子(34)が右足故障のため、出場を予定していた26日の函館マラソン(ハーフの部)への欠場が決まった。福士は今月中旬まで行った米国合宿からの帰国後、右足を検査。第4中足骨故障のため、大事を取って出場を見送った。

 所属先であるワコールの永山忠幸監督は疲労骨折の疑いを「折れていない」と否定した上で、「石橋をたたかせていただく。練習は続けている」と説明。7月には調整のため海外レースの出場を検討しているという。患部の状態にもよるが、調整の大幅な遅れは避けられない。

 福士は優勝した1月の大阪国際女子マラソンでは2時間22分17秒をマークし、代表3人の中で唯一、日本陸連が定めた派遣設定記録(2時間22分30秒)をクリアした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事