男子が目指す「200m19秒台」日本選手権で達成の現実味は

公開日: 更新日:

 リオ五輪代表選考を兼ねた、陸上の日本選手権(名古屋)が24日開幕。陸上短距離は、100メートル(24日予選、準決勝、25日決勝)で10秒01の記録を持つ桐生祥秀(20)の10秒切りが注目されている。100メートルと200メートル(25日予選、26日決勝)に出場するはずだったサニブラウン・ハキーム(17)は、左太もも違和感で欠場となった。

 陸上競技の「花形」といえば100と200だが、以前から陸上界では、100の9秒台と200の19秒台を比較して、その「価値」や難易度が論じられてきた。

 国内に限れば、100と200の記録は、それぞれ10秒00(98年・伊東浩司)と20秒03(03年・末續慎吾)。両競技とも“アジア初”の壁突破を狙っていたが、昨年中国の蘇炳添(26)がアジア出身では初めて、100で9秒台(9秒99)をマーク(残る2人はナイジェリア出身のカタール人)した。中国に先を越されたことで、日本選手は200の19秒台で“アジア初”を目指している。今大会で記録は出るのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ラグビーW杯悲願の8強 日本が打ち破った伝統国の“差別”

  2. 2

    台風19号で断水 町の自衛隊給水支援に神奈川県が“待った”

  3. 3

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  4. 4

    2000万円の退職金が半分以下に減ってしまい家計が苦しい

  5. 5

    スコットランドにはショック…稲垣のトライが生まれた背景

  6. 6

    緊急放流の6ダムで事前放流せず 国交省・自治体に重大責任

  7. 7

    阪神CS出場も鳥谷は…寂しい終幕に球団と指揮官への不信感

  8. 8

    巨人ドラ2位候補で狙う149キロ即戦力“ノーノー左腕”の評価

  9. 9

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  10. 10

    セは来季も巨人の独り勝ち濃厚 ライバル5球団に好材料なし

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る