• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

男子が目指す「200m19秒台」日本選手権で達成の現実味は

 リオ五輪代表選考を兼ねた、陸上の日本選手権(名古屋)が24日開幕。陸上短距離は、100メートル(24日予選、準決勝、25日決勝)で10秒01の記録を持つ桐生祥秀(20)の10秒切りが注目されている。100メートルと200メートル(25日予選、26日決勝)に出場するはずだったサニブラウン・ハキーム(17)は、左太もも違和感で欠場となった。

 陸上競技の「花形」といえば100と200だが、以前から陸上界では、100の9秒台と200の19秒台を比較して、その「価値」や難易度が論じられてきた。

 国内に限れば、100と200の記録は、それぞれ10秒00(98年・伊東浩司)と20秒03(03年・末續慎吾)。両競技とも“アジア初”の壁突破を狙っていたが、昨年中国の蘇炳添(26)がアジア出身では初めて、100で9秒台(9秒99)をマーク(残る2人はナイジェリア出身のカタール人)した。中国に先を越されたことで、日本選手は200の19秒台で“アジア初”を目指している。今大会で記録は出るのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  2. 2

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  3. 3

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  4. 4

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  5. 5

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  6. 6

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  7. 7

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  8. 8

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  9. 9

    広島・菊池、ソフトバンク柳田も…地方の大学生を見逃すな

  10. 10

    加計獣医学部 図書館に本のない大学の設置認可は前代未聞

もっと見る