興味のない人にとって箱根駅伝は迷惑千万

公開日: 更新日:

 青学大の2連覇で幕を閉じた箱根大学駅伝。毎年、コタツに入って母校の応援を楽しみにしている人ばかりではなく、「国民的行事」としてすっかり定着し、今年も2日(往路)の平均視聴率は28.0%、3日(復路)が27.8%(いずれも関東地区・ビデオリサーチ調べ)という高い数字だった。

 そのレースは青学大が、1区から10区まで全区間トップを守ってゴール。青学大の選手は移動中継する1号車の前を単独で走りつづけたことで、大学にとっては抜群の宣伝効果があった。

 宣伝という面では、青学大とパートナーシップ契約を結んでいるスポーツメーカーもウハウハだ。青学のグリーンのユニホームには、メーカーのロゴマークと3本ラインが入っている。

「青学のタイムは全10区で約11時間。テレビの視聴率は30%近いし、青学の選手が中継される時間が9時間としても50億~60億円ぐらいの宣伝効果がある」(広告代理店関係者)といわれている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    河井夫妻逮捕ならトドメ 自民で激化「安倍降ろし」の動き

  2. 2

    カタギに女房を寝取られたヤクザが逆上して襲撃する時代

  3. 3

    同志社大教授・浜矩子氏「越を脱して超に入って共生する」

  4. 4

    NEWS手越の厳罰断行 円満退社で一致も滝沢氏の苦しい胸中

  5. 5

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

  6. 6

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  7. 7

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  8. 8

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  9. 9

    狙い目はリネン 外出自粛明けの春服セールで買うべきもの

  10. 10

    国民の怒り再燃 全戸配布で沸き起こる“アベノマスクの乱”

もっと見る