興味のない人にとって箱根駅伝は迷惑千万

公開日: 更新日:

 青学大の2連覇で幕を閉じた箱根大学駅伝。毎年、コタツに入って母校の応援を楽しみにしている人ばかりではなく、「国民的行事」としてすっかり定着し、今年も2日(往路)の平均視聴率は28.0%、3日(復路)が27.8%(いずれも関東地区・ビデオリサーチ調べ)という高い数字だった。

 そのレースは青学大が、1区から10区まで全区間トップを守ってゴール。青学大の選手は移動中継する1号車の前を単独で走りつづけたことで、大学にとっては抜群の宣伝効果があった。

 宣伝という面では、青学大とパートナーシップ契約を結んでいるスポーツメーカーもウハウハだ。青学のグリーンのユニホームには、メーカーのロゴマークと3本ラインが入っている。

「青学のタイムは全10区で約11時間。テレビの視聴率は30%近いし、青学の選手が中継される時間が9時間としても50億~60億円ぐらいの宣伝効果がある」(広告代理店関係者)といわれている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  2. 2

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  3. 3

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

  4. 4

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  5. 5

    安倍政権がシッポ切り JOC竹田会長を待つ仏当局の本格捜査

  6. 6

    枯れるには全然早い…70歳から人生を楽しく過ごせる理由

  7. 7

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  8. 8

    大阪市西成区あいりん地区 唐突すぎる“中華街構想”の行方

  9. 9

    男女の意識差は歴然…シニアは“プチ別居”婚がうまくいく

  10. 10

    韓国が騒然…空軍基地「ミサイル誤射事故」の衝撃と波紋

もっと見る