リオ断念のサニブラウン 2020年東京五輪へのダメージは

公開日:  更新日:

 むしろ懸念は4年後だ。

 22日、日本陸連は男子短距離のサニブラウン・ハキーム(17)が左太もも違和感のため、24日から開催される日本選手権を欠場すると発表した。同大会はリオ五輪の選考会も兼ねているため、事実上のリオ断念だ。

 サニブラウンは日本陸連を通じて、「苦しい決断をしなければならず、悔しい気持ちでいっぱいです」とコメントした。

 しかし、問題は20年東京五輪がぶっつけ本番になることだ。例えば冬季五輪では女子ジャンプの高梨沙羅がW杯で勝ち続けながら、本番の14年ソチ五輪は4位止まり。五輪初出場の重圧に押し潰された。サニブラウンも、リオを経験出来ないことがマイナスにならないか。

 スポーツライターの高野祐太氏がこう言う。

「五輪では目標と定めている大会の1つ前の五輪に出場することが大きな財産になります。サニブラウンは昨年の世界陸上(北京)に出場していますが、メディアの注目度やプレッシャーは、五輪とは比べものにならない。さらに選手村という特殊なシステムも、五輪独特のものですからね。世界大会と五輪の違いについては、多くの選手や監督も口を揃えています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る