• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

リオ断念のサニブラウン 2020年東京五輪へのダメージは

 むしろ懸念は4年後だ。

 22日、日本陸連は男子短距離のサニブラウン・ハキーム(17)が左太もも違和感のため、24日から開催される日本選手権を欠場すると発表した。同大会はリオ五輪の選考会も兼ねているため、事実上のリオ断念だ。

 サニブラウンは日本陸連を通じて、「苦しい決断をしなければならず、悔しい気持ちでいっぱいです」とコメントした。

 しかし、問題は20年東京五輪がぶっつけ本番になることだ。例えば冬季五輪では女子ジャンプの高梨沙羅がW杯で勝ち続けながら、本番の14年ソチ五輪は4位止まり。五輪初出場の重圧に押し潰された。サニブラウンも、リオを経験出来ないことがマイナスにならないか。

 スポーツライターの高野祐太氏がこう言う。

「五輪では目標と定めている大会の1つ前の五輪に出場することが大きな財産になります。サニブラウンは昨年の世界陸上(北京)に出場していますが、メディアの注目度やプレッシャーは、五輪とは比べものにならない。さらに選手村という特殊なシステムも、五輪独特のものですからね。世界大会と五輪の違いについては、多くの選手や監督も口を揃えています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  4. 4

    竹内涼真vs手越祐也 明暗分かれたサッカーW杯キャスター評

  5. 5

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

  6. 6

    フジの中居MC計画潰した 「徹子の部屋」は元の放送時間へ

  7. 7

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  8. 8

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  9. 9

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  10. 10

    強豪私学が相次ぎ予選敗退…公立高校が全国で“逆襲”のワケ

もっと見る