日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

リオ断念のサニブラウン 2020年東京五輪へのダメージは

 むしろ懸念は4年後だ。

 22日、日本陸連は男子短距離のサニブラウン・ハキーム(17)が左太もも違和感のため、24日から開催される日本選手権を欠場すると発表した。同大会はリオ五輪の選考会も兼ねているため、事実上のリオ断念だ。

 サニブラウンは日本陸連を通じて、「苦しい決断をしなければならず、悔しい気持ちでいっぱいです」とコメントした。

 しかし、問題は20年東京五輪がぶっつけ本番になることだ。例えば冬季五輪では女子ジャンプの高梨沙羅がW杯で勝ち続けながら、本番の14年ソチ五輪は4位止まり。五輪初出場の重圧に押し潰された。サニブラウンも、リオを経験出来ないことがマイナスにならないか。

 スポーツライターの高野祐太氏がこう言う。

「五輪では目標と定めている大会の1つ前の五輪に出場することが大きな財産になります。サニブラウンは昨年の世界陸上(北京)に出場していますが、メディアの注目度やプレッシャーは、五輪とは比べものにならない。さらに選手村という特殊なシステムも、五輪独特のものですからね。世界大会と五輪の違いについては、多くの選手や監督も口を揃えています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事