日本人初男子100m9秒台には“追い風の助け”が必要だ

公開日:  更新日:

 そう簡単に出せるもんじゃない。

 陸上日本選手権(24日・パロ瑞穂)第1日、400人を超える報道陣が注目する男子100メートル準決勝は、第2組で桐生祥秀(20=自己ベスト10秒01)と山県亮太(24=同10秒06)が直接対決。

 日本人初となる9秒台の可能性を秘める両者は向かい風1.4メートルの条件下で、山県は10秒26で、10秒29の桐生(2着)を振り切った。平凡なタイムで終わった山県と桐生はともに「明日につながるレースだった」と言ったが、現地で取材しているスポーツライターの高野祐太氏は、レースの印象をこう語る。

「向かい風の中でのレースとはいえ、9秒台を狙っている選手のレースとしては少し物足りなかったですね。山県選手は無駄な力の入らない、山県選手らしい走りでしたが、スタートを失敗したというし、桐生選手はスタートは良かったものの100%の力は出していない。1組目に走ったケンブリッジ飛鳥選手(23)も、一緒に走った選手の力関係でゴール前は明らかに抜いていましたから」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  5. 5

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  6. 6

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  7. 7

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  8. 8

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  9. 9

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る