マーク金井
著者のコラム一覧
マーク金井クラブアナリスト、クラブ設計家

1958年、大阪府出身。ハンデ3。ゴルフ雑誌の編集記者からフリーに転身。05年にアナライズを設立し、自社スタジオでゴルフクラブの計測、試打を専門的に始める。同時にメーカーが作れなかった、アマチュアを救うクラブを設計し販売も手がける。執筆活動も積極に行い、新聞、雑誌、インターネットで連載を多数抱え、著作物も定期的に発刊。近著では、「今より30ヤード飛ぶクラブを選ぶための36の法則」(実業之日本社)、「一生役立つゴルフゴルフ超上達法」(マイナビ出版)がある。現在、新刊書も数冊手がけている。

ボールとヘッドの正面衝突度合いが強いほど遠くへ飛ばせる

公開日: 更新日:

「どうして女子プロは、ヘッドスピードがそんなに速くないのに、250ヤード近くも飛ばせるんだろう」

 先週の国内女子ツアー「アース・モンダミンカップ」で優勝したイ・ボミを引き合いに出すまでもないが、女子プロのヘッドスピードが40メートル前後だ。

 これは男性アマチュアとほぼ同じだが、彼女たちはドライバーで250ヤード近く飛ばす。

 対してアマチュアの場合、女子プロと同じヘッドスピードでも、ドライバーの飛距離は230ヤードぐらいが関の山である。

 女子プロたちが飛ぶ理由、それはミート率の高さにある。

 ミート率とは、「ボール初速÷ヘッドスピード」のことで、この数値が高いほど効率良く飛ばせる。女子プロたちはこのミート率が非常に高く、例えばイ・ボミの場合は1・49前後もある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    エ軍大谷が2回目の契約更改へ 投手全休で来季年俸いくら?

  2. 2

    神田沙也加は不倫離婚か “格下”ばかりと熱愛する深層心理

  3. 3

    安倍政権に国家賠償も…「桜」がジャパンライフ被害を加速

  4. 4

    大谷、菅野…更改で気になる高給取り5選手のカネの使い道

  5. 5

    二宮和也は2021年6月に“海外挙式”へ 気になる場所と招待客

  6. 6

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  7. 7

    殺し合いで圧倒した側の論理が筋になるのがヤクザの喧嘩

  8. 8

    「桜」会見支離滅裂釈明 菅長官辞任なら安倍政権どうなる

  9. 9

    ワークマン人気に群がるTV各局の安直な発想とそっくり演出

  10. 10

    高畑充希「同期のサクラ」視聴率“右肩上がり”に3つの要素

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る