マーク金井
著者のコラム一覧
マーク金井クラブアナリスト、クラブ設計家

1958年、大阪府出身。ハンデ3。ゴルフ雑誌の編集記者からフリーに転身。05年にアナライズを設立し、自社スタジオでゴルフクラブの計測、試打を専門的に始める。同時にメーカーが作れなかった、アマチュアを救うクラブを設計し販売も手がける。執筆活動も積極に行い、新聞、雑誌、インターネットで連載を多数抱え、著作物も定期的に発刊。近著では、「今より30ヤード飛ぶクラブを選ぶための36の法則」(実業之日本社)、「一生役立つゴルフゴルフ超上達法」(マイナビ出版)がある。現在、新刊書も数冊手がけている。

ボールとヘッドの正面衝突度合いが強いほど遠くへ飛ばせる

公開日: 更新日:

「どうして女子プロは、ヘッドスピードがそんなに速くないのに、250ヤード近くも飛ばせるんだろう」

 先週の国内女子ツアー「アース・モンダミンカップ」で優勝したイ・ボミを引き合いに出すまでもないが、女子プロのヘッドスピードが40メートル前後だ。

 これは男性アマチュアとほぼ同じだが、彼女たちはドライバーで250ヤード近く飛ばす。

 対してアマチュアの場合、女子プロと同じヘッドスピードでも、ドライバーの飛距離は230ヤードぐらいが関の山である。

 女子プロたちが飛ぶ理由、それはミート率の高さにある。

 ミート率とは、「ボール初速÷ヘッドスピード」のことで、この数値が高いほど効率良く飛ばせる。女子プロたちはこのミート率が非常に高く、例えばイ・ボミの場合は1・49前後もある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    今が狙い目!PayPay銀行のキャンペーンで最大4500円ゲット

  4. 4

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

  5. 5

    思い出作りの訪米 何もしない首相はいてもいなくても同じ

  6. 6

    池江&松山を聖火最終走に祭り上げ!世論スルーの機運醸成

  7. 7

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

  8. 8

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  9. 9

    特捜9vs捜査一課長 “お決まり”でも高視聴率の2作品を解剖

  10. 10

    フジ女子アナにステマ疑惑…花形職業の凋落で自覚マヒか?

もっと見る