プロ初の2連発 広島・下水流は“ホンダ部長職”を捨てた男

公開日: 更新日:

 広島の下水流昂外野手(28)が、3日のDeNA戦でプロ初の2打席連続本塁打を放った。

 六回無死一塁で代打で登場すると、左翼席へ今季2号2ラン。八回には先頭で右中間に2打席連続となるソロ本塁打を放ち、チームの5カード連続の勝ち越しに貢献した。

 強豪・横浜高出身。1年からベンチ入りし、3年春の甲子園では、準決勝から不振の福田(現中日)に代わって4番に入り、全国制覇を果たした。青学大からHonda(ホンダ)へ。アマチュア野球界のエリートだが、ホンダでは工場に勤務しながら、エンジンの鋳造、不具合のチェックなど、自動車製造の心臓部ともいえる業務に携わった。12年ドラフト4位で指名。契約金は5500万円だった。ホンダ関係者がこう明かす。

「実直な人柄と青学大卒の経歴もあって、会社では野球以外でも評価され、一般社員として幹部候補生だったんです。だから、広島から指名された時は、周囲にはプロ入りに反対する声が多かった。『順調なら部長になれるだろうに、ホンダの部長職を捨てるのか?』と言う人もいたそうです。仮に部長職なら、年収は軽く1000万円は超えますから。結局、プロで勝負したいという本人の意志が固く、周囲の助言には耳を傾けなかったようですが……」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    出川哲朗とばっちり マリエの告発を“キャラ”で乗り切れる?

  3. 3

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  4. 4

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  5. 5

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  6. 6

    加藤浩次に同情薄 自滅のラヴィットより“身内”にビクビク

  7. 7

    石原さとみ“引退説”一蹴 綾瀬はるか意識しベッドシーン?

  8. 8

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  9. 9

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  10. 10

    マリエの枕営業告発が広がりに欠けるワケ…どうなる“第2R”

もっと見る