プロ初の2連発 広島・下水流は“ホンダ部長職”を捨てた男

公開日:  更新日:

 広島の下水流昂外野手(28)が、3日のDeNA戦でプロ初の2打席連続本塁打を放った。

 六回無死一塁で代打で登場すると、左翼席へ今季2号2ラン。八回には先頭で右中間に2打席連続となるソロ本塁打を放ち、チームの5カード連続の勝ち越しに貢献した。

 強豪・横浜高出身。1年からベンチ入りし、3年春の甲子園では、準決勝から不振の福田(現中日)に代わって4番に入り、全国制覇を果たした。青学大からHonda(ホンダ)へ。アマチュア野球界のエリートだが、ホンダでは工場に勤務しながら、エンジンの鋳造、不具合のチェックなど、自動車製造の心臓部ともいえる業務に携わった。12年ドラフト4位で指名。契約金は5500万円だった。ホンダ関係者がこう明かす。

「実直な人柄と青学大卒の経歴もあって、会社では野球以外でも評価され、一般社員として幹部候補生だったんです。だから、広島から指名された時は、周囲にはプロ入りに反対する声が多かった。『順調なら部長になれるだろうに、ホンダの部長職を捨てるのか?』と言う人もいたそうです。仮に部長職なら、年収は軽く1000万円は超えますから。結局、プロで勝負したいという本人の意志が固く、周囲の助言には耳を傾けなかったようですが……」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  3. 3

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  4. 4

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  5. 5

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  6. 6

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  7. 7

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  8. 8

    たけし軍団で活躍 宮崎に移住した大森うたえもんさんは今

  9. 9

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  10. 10

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

もっと見る