陸上が“草刈り場”に 大学は五輪級選手確保が生き残りの道

公開日:  更新日:

 陸上の日本選手権が終了。リオ五輪に出場するメンバーがほぼ決まった今、全国各地で選手の壮行会が花盛りだ。

 30日には早稲田大に国士舘大と、都内だけでも2つの大学が出場選手のリオでの活躍を期待して学校を挙げて激励した。

 五輪でメダルを獲得すれば、国内はもとより全世界に校名をアピールできる。それだけに各校ともオリンピック選手を輩出しようと躍起になっている。すでに20年の東京五輪に向けて、メダル取りが有力視されるジュニアクラスの選手の確保に動いている大学も少なくない。

 ある大学の体育会を管轄する関係者がこう明かす。

「東京五輪に何人の学生を出場させるか具体的な目標を掲げている大学も多い。自国開催の五輪だけに注目度が高い。少子化のあおりを受けて志願者数が伸び悩んでいる中堅クラスの大学では、学長自ら体育会に有力な選手を集めるよう指示しているほど。ウチは『OB、現役合わせて最低でも20人』のノルマが課されています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

もっと見る