陸上が“草刈り場”に 大学は五輪級選手確保が生き残りの道

公開日:  更新日:

 陸上の日本選手権が終了。リオ五輪に出場するメンバーがほぼ決まった今、全国各地で選手の壮行会が花盛りだ。

 30日には早稲田大に国士舘大と、都内だけでも2つの大学が出場選手のリオでの活躍を期待して学校を挙げて激励した。

 五輪でメダルを獲得すれば、国内はもとより全世界に校名をアピールできる。それだけに各校ともオリンピック選手を輩出しようと躍起になっている。すでに20年の東京五輪に向けて、メダル取りが有力視されるジュニアクラスの選手の確保に動いている大学も少なくない。

 ある大学の体育会を管轄する関係者がこう明かす。

「東京五輪に何人の学生を出場させるか具体的な目標を掲げている大学も多い。自国開催の五輪だけに注目度が高い。少子化のあおりを受けて志願者数が伸び悩んでいる中堅クラスの大学では、学長自ら体育会に有力な選手を集めるよう指示しているほど。ウチは『OB、現役合わせて最低でも20人』のノルマが課されています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る