陸上が“草刈り場”に 大学は五輪級選手確保が生き残りの道

公開日: 更新日:

 陸上の日本選手権が終了。リオ五輪に出場するメンバーがほぼ決まった今、全国各地で選手の壮行会が花盛りだ。

 30日には早稲田大に国士舘大と、都内だけでも2つの大学が出場選手のリオでの活躍を期待して学校を挙げて激励した。

 五輪でメダルを獲得すれば、国内はもとより全世界に校名をアピールできる。それだけに各校ともオリンピック選手を輩出しようと躍起になっている。すでに20年の東京五輪に向けて、メダル取りが有力視されるジュニアクラスの選手の確保に動いている大学も少なくない。

 ある大学の体育会を管轄する関係者がこう明かす。

「東京五輪に何人の学生を出場させるか具体的な目標を掲げている大学も多い。自国開催の五輪だけに注目度が高い。少子化のあおりを受けて志願者数が伸び悩んでいる中堅クラスの大学では、学長自ら体育会に有力な選手を集めるよう指示しているほど。ウチは『OB、現役合わせて最低でも20人』のノルマが課されています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    今が狙い目!PayPay銀行のキャンペーンで最大4500円ゲット

  4. 4

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

  5. 5

    思い出作りの訪米 何もしない首相はいてもいなくても同じ

  6. 6

    池江&松山を聖火最終走に祭り上げ!世論スルーの機運醸成

  7. 7

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

  8. 8

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  9. 9

    特捜9vs捜査一課長 “お決まり”でも高視聴率の2作品を解剖

  10. 10

    フジ女子アナにステマ疑惑…花形職業の凋落で自覚マヒか?

もっと見る