• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

青学駅伝メンバー傷害 元選手逮捕なら陸上部はどうなる?

 箱根駅伝常連校の指導者からは「遅すぎた」との声もある。

 同駅伝大会で連覇している青山学院大陸上競技部の駅伝メンバーだった男性(22)に「暴力をふるわれた」という知人女性が警視庁代々木署に被害届を提出し、同署が捜査していることが分かった。

 この事件は4月に発売された写真誌「フライデー」でも報じられたが、1月26日の夜、女性宅に泊まった男性は被害にあった女性と口論になり、顔面に頭突きしたり、腹部を殴るなどして2週間のけがを負わせたという。女性は6月上旬に被害届を提出。同署は傷害容疑の立件を視野に、男性から事情を聴くなどして、詳しい経緯を調べる方針だ。

 男性は今年1月の箱根駅伝にも出場。連覇に貢献し、現在は社会人チームの陸上部に所属しているが、この事件の「噂」は早くから大学陸上界の間を駆け巡っていたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    矢継ぎ早発表もポーズ 安倍政権の被災地支援は中身空っぽ

  3. 3

    股関節痛め広島視察中止…安倍首相に健康不安説また再燃

  4. 4

    障害年金は支給継続も…非情な政策を傍観した公明党の大罪

  5. 5

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  6. 6

    河野外相ツイートが炎上 切望した外遊の中身は“観光”同然

  7. 7

    DeNA伊藤光を直撃 トレード1週間で即スタメンマスクの心境

  8. 8

    年俸500万円でDeNAへ 中後が語っていたマイナー時代の苦労

  9. 9

    小沢一郎氏の知恵袋が指摘 安倍政権による「内乱」予備罪

  10. 10

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

もっと見る