青学駅伝メンバー傷害 元選手逮捕なら陸上部はどうなる?

公開日:  更新日:

 箱根駅伝常連校の指導者からは「遅すぎた」との声もある。

 同駅伝大会で連覇している青山学院大陸上競技部の駅伝メンバーだった男性(22)に「暴力をふるわれた」という知人女性が警視庁代々木署に被害届を提出し、同署が捜査していることが分かった。

 この事件は4月に発売された写真誌「フライデー」でも報じられたが、1月26日の夜、女性宅に泊まった男性は被害にあった女性と口論になり、顔面に頭突きしたり、腹部を殴るなどして2週間のけがを負わせたという。女性は6月上旬に被害届を提出。同署は傷害容疑の立件を視野に、男性から事情を聴くなどして、詳しい経緯を調べる方針だ。

 男性は今年1月の箱根駅伝にも出場。連覇に貢献し、現在は社会人チームの陸上部に所属しているが、この事件の「噂」は早くから大学陸上界の間を駆け巡っていたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る