ソフトBの連敗4で止めた “悩める主将”内川聖一のひと振り

公開日:  更新日:

 試合を決めたのは、やはりこの男だった。

 6日、4連敗中のソフトバンクが前日に続いて打順を大幅に入れ替えた。この日は1番に松田を置き、8番DHには08年育成ドラフト4位の猪本を抜擢するなど、思い切ったテコ入れを敢行した。

 そんな中、不動だったのが4番の内川聖一だ。4連敗中は打点ゼロ。それでも工藤監督の信頼は変わらなかった。その期待に応え、初回に先制適時打を放つや、今季初めて5番に座った中村晃、主に代打が中心だった6番吉村が連続タイムリーで追撃。序盤に3点を奪い、連敗を4で止めた。

「3試合連続で完封されていたので、いつも以上に緊張した」と話した内川。昨季から続いて務めている主将の重圧には今も苦しんでいる。4月に日刊ゲンダイ本紙が直撃した際、こう心情を吐露していた。

「主将の重圧は全然ありますよ。ないわけがない。今も悩んでいます。そもそも主将とは何をすべきか、ボクにはまだわかりません。チームを引っ張る? 何をもって『引っ張る』と言うんですか?」

 愚直な内川のことだ。まだ悩みが続いているかもしれないが、4番のバットが湿らない限り、ナインは黙っていても後からついてくる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  5. 5

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  6. 6

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  7. 7

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る