• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ソフトBの連敗4で止めた “悩める主将”内川聖一のひと振り

 試合を決めたのは、やはりこの男だった。

 6日、4連敗中のソフトバンクが前日に続いて打順を大幅に入れ替えた。この日は1番に松田を置き、8番DHには08年育成ドラフト4位の猪本を抜擢するなど、思い切ったテコ入れを敢行した。

 そんな中、不動だったのが4番の内川聖一だ。4連敗中は打点ゼロ。それでも工藤監督の信頼は変わらなかった。その期待に応え、初回に先制適時打を放つや、今季初めて5番に座った中村晃、主に代打が中心だった6番吉村が連続タイムリーで追撃。序盤に3点を奪い、連敗を4で止めた。

「3試合連続で完封されていたので、いつも以上に緊張した」と話した内川。昨季から続いて務めている主将の重圧には今も苦しんでいる。4月に日刊ゲンダイ本紙が直撃した際、こう心情を吐露していた。

「主将の重圧は全然ありますよ。ないわけがない。今も悩んでいます。そもそも主将とは何をすべきか、ボクにはまだわかりません。チームを引っ張る? 何をもって『引っ張る』と言うんですか?」

 愚直な内川のことだ。まだ悩みが続いているかもしれないが、4番のバットが湿らない限り、ナインは黙っていても後からついてくる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  4. 4

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  7. 7

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  8. 8

    進次郎氏当日まで完黙…裏に父・小泉元首相“ゴルフ密約説”

  9. 9

    ロング丈ワンピ姿に注目 前田敦子はやっぱり“おめでた”か

  10. 10

    中国人女優・范冰冰さん 消息不明の背景に脱税と暴露合戦

もっと見る