「基準明確に」 ヤクルト野村Cがコリジョンへの不満激白

公開日:  更新日:

 今季から導入された「コリジョン(衝突)ルール」を巡る混乱がやまない。15日はソフトバンクの捕手、鶴岡が送球を受ける前から走路上で仁王立ち。ヤクルトの三塁走者荒木は回り込んで本塁を狙うも、球審の判定は「アウト」だった。真中監督の抗議で審判団はビデオによるリプレー検証を行うも、判定は変わらず。真中監督は「あれでコリジョンルールを取らないのはおかしい。腹立たしい」と怒り心頭。球団は16日、NPBに質問書を提出した。そこで日刊ゲンダイ本紙はヤクルトの野村克則バッテリーコーチ(42)を直撃した。

――15日の試合をどう見ましたか?

「後で映像を見たけど……あれはコリジョンルールを適用してもいいと思う。そもそも、当初発表されたルールだと『送球がそれた時以外は走者の進路を塞いではいけない』とある。でも、鶴岡はボールを捕る前から進路を塞ぐ形で立っていたからね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  2. 2

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  3. 3

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

  10. 10

    “PC打てない”桜田大臣 ツイッターで大島優子フォローの謎

もっと見る