巨人・大田が決勝三塁打 「頭が筋肉」返上で代打に活路も

公開日: 更新日:

 巨人のスーパーサブが決めた。8日のDeNA戦。1-1の七回2死二、三塁から大田泰示(26)が決勝の2点適時三塁打を放った。カウント3-2からDeNA井納のフォークに狙いを定め、「とにかくバットに当ててヒットゾーンに飛んでくれと思った」とバットを少し短く持って、振り幅を小さくしてコツンと当てた。打球は前進守備の外野をあざ笑うかのように左中間を抜けた。

 入団8年目。運動能力は抜群なのに伸び悩んだ。筋骨隆々だが、チームメートには「頭が筋肉」と揶揄される始末。状況判断ができないからである。昨秋のキャンプでも内田打撃コーチに怒られた。

「大田は『センターから右』という打撃練習で低めのボール球を空振りした。引っ張る意識が強いからで、練習の意図を理解していない証拠。まだ高卒1年生の岡本とは立場が違うんだから、何かを変えないといけない」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  2. 2

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

  3. 3

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  4. 4

    巨人が広島エース大瀬良狙い 苦手選手“FA引き抜き”へ照準

  5. 5

    “株式会社TOKIO社長”城島茂の25歳妻インスタにファン騒然

  6. 6

    三田寛子を苛む成駒屋「好色の血」…今度は長男に二股疑惑

  7. 7

    菅首相「大きなうねりではない」頭の中はコロナより外遊

  8. 8

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  9. 9

    日本人6割が感染 カリフォルニア由来の変異株どこまで危険

  10. 10

    中村吉右衛門 一時心肺停止も千両役者に引退の二文字なし

もっと見る