リオ意識しミス…渡邉彩香が最終18番で無念の池ポチャ

公開日: 更新日:

【全米女子オープン】

 最後の最後になって無念の池ポチャである。渡邉彩香(22)のリオ五輪出場が厳しい状況になった。

 日本の五輪出場枠は2つ。世界ランク22位で日本人トップの野村敏京(23)はすでに当確。今大会の成績次第で同42位の大山志保(39)、同45位の宮里美香(26)、同46位の渡邉が残り1枠を争うことになった。

 しかし、大山と宮里は予選落ち。宮里の五輪出場はなくなり、大山も世界ランクのポイントが下がることは確実だった。決勝進出を決めた4番手の渡邉にチャンスが回ってきた。渡邉が30位前後の成績で終われば、大山の世界ランクを上回り、五輪出場のチャンスがあった。

 イーブンパー20位発進の渡邉は一時20位まで順位を上げ、“リオ出場安全圏”に突入した。しかし17番は2打目がバンカーにつかまり、3メートルに寄せるも決まらずボギー。それでもまだ2オーバー29位タイと踏みとどまっていた。最終18番(パー5)をパーで終えれば、30位前後となり、「出たい」という五輪キップが確実になるはずだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  2. 2

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  3. 3

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  4. 4

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  5. 5

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  6. 6

    ロケット団・三浦昌朗が明かす「死ぬしかない」と涙した夜

  7. 7

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  8. 8

    初版1万7000部も実売は…河野景子の“暴露本”売れてるの?

  9. 9

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

  10. 10

    永野芽郁と本田翼が急伸 2019年"CM女王争い"に異変の兆し

もっと見る