リオ意識しミス…渡邉彩香が最終18番で無念の池ポチャ

公開日: 更新日:

【全米女子オープン】

 最後の最後になって無念の池ポチャである。渡邉彩香(22)のリオ五輪出場が厳しい状況になった。

 日本の五輪出場枠は2つ。世界ランク22位で日本人トップの野村敏京(23)はすでに当確。今大会の成績次第で同42位の大山志保(39)、同45位の宮里美香(26)、同46位の渡邉が残り1枠を争うことになった。

 しかし、大山と宮里は予選落ち。宮里の五輪出場はなくなり、大山も世界ランクのポイントが下がることは確実だった。決勝進出を決めた4番手の渡邉にチャンスが回ってきた。渡邉が30位前後の成績で終われば、大山の世界ランクを上回り、五輪出場のチャンスがあった。

 イーブンパー20位発進の渡邉は一時20位まで順位を上げ、“リオ出場安全圏”に突入した。しかし17番は2打目がバンカーにつかまり、3メートルに寄せるも決まらずボギー。それでもまだ2オーバー29位タイと踏みとどまっていた。最終18番(パー5)をパーで終えれば、30位前後となり、「出たい」という五輪キップが確実になるはずだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    GoToトラベル再開で経済効果あり? 適当なことをいうなっ

  3. 3

    出場選手「ワクチン優先接種」実施なら五輪中止のトドメに

  4. 4

    台湾脱線事故で日本の鉄道関係者に衝撃が走ったワケ

  5. 5

    五輪警官宿舎で“48億円ドブ捨て” 第4波備え都民に開放を!

  6. 6

    株式会社TOKIO設立に隠された深い意味 復興を途切らせない

  7. 7

    フミヤ還暦目前で確執決着? チェッカーズ再結成の奇跡も

  8. 8

    小池知事“数字”取れず…竹山が批判の動画も再生回数伸びず

  9. 9

    落合博満さんにこっそり聞いた「守備のポジショニング」

  10. 10

    眞子さまと小室さん描くシナリオ 弁護士合格で年内結婚?

もっと見る