リオ意識しミス…渡邉彩香が最終18番で無念の池ポチャ

公開日: 更新日:

【全米女子オープン】

 最後の最後になって無念の池ポチャである。渡邉彩香(22)のリオ五輪出場が厳しい状況になった。

 日本の五輪出場枠は2つ。世界ランク22位で日本人トップの野村敏京(23)はすでに当確。今大会の成績次第で同42位の大山志保(39)、同45位の宮里美香(26)、同46位の渡邉が残り1枠を争うことになった。

 しかし、大山と宮里は予選落ち。宮里の五輪出場はなくなり、大山も世界ランクのポイントが下がることは確実だった。決勝進出を決めた4番手の渡邉にチャンスが回ってきた。渡邉が30位前後の成績で終われば、大山の世界ランクを上回り、五輪出場のチャンスがあった。

 イーブンパー20位発進の渡邉は一時20位まで順位を上げ、“リオ出場安全圏”に突入した。しかし17番は2打目がバンカーにつかまり、3メートルに寄せるも決まらずボギー。それでもまだ2オーバー29位タイと踏みとどまっていた。最終18番(パー5)をパーで終えれば、30位前後となり、「出たい」という五輪キップが確実になるはずだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    引退も覚悟? 小倉優香ラジオ降板テロの裏に年収1億円彼氏

  2. 2

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  3. 3

    昭恵夫人 居酒屋は小池号令厳守も“闇紳士”逮捕で疑惑再燃

  4. 4

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  5. 5

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  6. 6

    夫の定年後に妻の外出が増加 交際費と被服費が家計を圧迫

  7. 7

    吉村知事の危うい“人体実験” うがい薬騒動に専門家も警鐘

  8. 8

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  9. 9

    海老蔵「ひどくないですか」コロナ補償直訴で松竹と確執か

  10. 10

    刑務官が巡回中に倒れ…自由になった受刑者が取った行動は

もっと見る