• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“飛ばし屋”渡邉彩香 しぶといプレーで1オーバー決勝進出

【全米女子オープン】

 世界ランク46位資格で今大会2度目の出場を決めた渡邉彩香(22)。初出場の2014年大会は通算10オーバーで予選落ちとメジャーの試練を味わった。それから2年が経ち、国内では圧倒的なドライバー飛距離を武器に、毎週のように優勝争いに顔を出すなど着実に実力をつけて成長した。

 今季は15試合に出場してトップ5入り7回、日本勢トップとなる賞金レース4位につけている。

 だが、米メジャーのタフな会場では好きなようにさせてくれない。初日は2オーバー67位と出遅れた。

 2日目はボギーをたたいても直後にバーディーを奪うしぶといプレーを見せた。

 アウト発進の2番で右ラフ、バンカーと渡り歩いてボギーが先行するも、続く3番でカラーからパターでバーディーパットをねじ込んだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    高校の同級生の三浦友和 清志郎にRC再結成を持ちかける

  9. 9

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  10. 10

    ZOZO騒がれた日の皮肉 老舗球団は新興勢力に5年で抜かれる

もっと見る