楽天ペレス2戦連発の最強コスパも…編成担当は心境複雑?

公開日: 更新日:

 衝撃の新助っ人が2夜続けてアーチを描いた。

 12日に敵地所沢で入団会見を行い、その直後の試合に「3番左翼」として来日初出場を果たした楽天のキューバ出身助っ人、ペレス(31)。その初打席でホームランを放ってファンを驚かせると、13日もバットが止まらない。

 六回に先制適時打を放ち、七回には追加点となるソロ弾。4打数2安打2打点の活躍を見せたのだ。これで年俸1500万円なのだから、まさに拾いものである。

 近年、楽天の獲得する高額助っ人はハズレばかり。今季は年俸2億円の大枚をはたいたゴームズが4月に帰国し、そのまま退団。18試合で1本塁打7打点、打率.169の成績しか残せなかった。14年に入団したユーキリスは3億円をもらいながら、こちらも21試合でシーズン途中退団。昨季はサンチェス(2億5000万円)という不良債権もいた。活躍中のウィーラーは4000万円の格安選手だ。

 相次ぐ高額補強が失敗し、「キューバしのぎ」で獲得した助っ人が大当たり。現場はともかく、編成担当は複雑な気持ちに違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    引退も覚悟? 小倉優香ラジオ降板テロの裏に年収1億円彼氏

  2. 2

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  3. 3

    昭恵夫人 居酒屋は小池号令厳守も“闇紳士”逮捕で疑惑再燃

  4. 4

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  5. 5

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  6. 6

    夫の定年後に妻の外出が増加 交際費と被服費が家計を圧迫

  7. 7

    吉村知事の危うい“人体実験” うがい薬騒動に専門家も警鐘

  8. 8

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  9. 9

    海老蔵「ひどくないですか」コロナ補償直訴で松竹と確執か

  10. 10

    刑務官が巡回中に倒れ…自由になった受刑者が取った行動は

もっと見る