オンドル謝罪で謹慎解除も 球界に“助っ人管理”という課題

公開日: 更新日:

 29日、謹慎処分となっていたヤクルトのオンドルセク(31)が球団事務所で小川SDらに謝罪。謹慎を解かれ、30日から二軍練習に参加する。

 オンドルは26日の中日戦、3点リードの場面で登板して3失点。降板後に首脳陣に反抗的な態度を取った。真中監督はグラウンドから退場させ、謹慎とした。打たれてベンチで暴れるならまだしも、今回は度が過ぎた。

 オンドルは今季で2年目。1年目は謙虚にプレーしても、日本で結果を残すと増長する助っ人は過去にもいた。典型例は昨年まで阪神に在籍していたマートンだ。1年目にいきなり214安打でシーズン最多安打を更新したが、2年目、3年目にはコーチやチームメート、審判に暴言を吐くなど首脳陣は手を焼いた。

 こうした助っ人には、いかなる対応をすべきか。ヤクルト、西武で監督を務め、アメリカ野球にも造詣が深い広岡達朗氏は以前、こんなことを言っていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  3. 3

    マリエ枕営業騒動にみる「根に持つ女性」の賢いあしらい方

  4. 4

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  5. 5

    出川哲朗は枕営業騒動で一番深手…“救いの手”はあるのか

  6. 6

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  7. 7

    小室圭さんが母の元婚約者に“解決金” 支払いは誰が?

  8. 8

    小室圭さん400万円で破談寸前に 初動ミスを招いたプライド

  9. 9

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  10. 10

    小池知事の無策が招くGW明け新規感染3800人の最悪シナリオ

もっと見る