日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

オンドル謝罪で謹慎解除も 球界に“助っ人管理”という課題

 29日、謹慎処分となっていたヤクルトのオンドルセク(31)が球団事務所で小川SDらに謝罪。謹慎を解かれ、30日から二軍練習に参加する。

 オンドルは26日の中日戦、3点リードの場面で登板して3失点。降板後に首脳陣に反抗的な態度を取った。真中監督はグラウンドから退場させ、謹慎とした。打たれてベンチで暴れるならまだしも、今回は度が過ぎた。

 オンドルは今季で2年目。1年目は謙虚にプレーしても、日本で結果を残すと増長する助っ人は過去にもいた。典型例は昨年まで阪神に在籍していたマートンだ。1年目にいきなり214安打でシーズン最多安打を更新したが、2年目、3年目にはコーチやチームメート、審判に暴言を吐くなど首脳陣は手を焼いた。

 こうした助っ人には、いかなる対応をすべきか。ヤクルト、西武で監督を務め、アメリカ野球にも造詣が深い広岡達朗氏は以前、こんなことを言っていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事