初場所優勝が嘘のよう…4連敗の琴奨菊「結婚式」が原因か

公開日: 更新日:

 スポーツ紙風に言えば「悪夢の4連敗」といったところか。

 いまだ初日が出ていない大関琴奨菊(32)。13日の4日目も宝富士にあっけなく送り出され、4連敗。「踏み込む足がなあ……」とため息を連発するなど、1月場所で初優勝したのがウソのようなもろさだ。

 ある親方は「低く当たって、がぶるしかできない力士ですが……」と、こう続ける。

「低い体勢の立ち合いは常に変化される恐れがある。初場所はたまたま、誰にも変化されなかったから優勝できたようなもの。それが3月場所で稀勢の里に、先場所も2番、立ち合い変化で負けたのでトラウマになっているのでしょう。今場所の相撲は腰が高く中途半端な上、出足も鈍い。おそらく、『思い切り突っ込んで変化されたらどうしよう』と迷いがあるのではないか」

 場所前の一門連合稽古では、同じ大関の稀勢の里を圧倒。「オレも強いよ」とうそぶいていたが、稽古で立ち合い変化をするバカはいない。思う存分、低い体勢で突っ込むことができる。普段からアタマを使った稽古をしていないツケとも言えるだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    出演番組が不発…東山紀之が背負う“ジャニーズ幹部”の重圧

  2. 2

    激化する自民党「内部抗争」田畑“ゲス”議員の離党で火に油

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    NHK“ポスト有働”和久田アナ 民放とは一線画す華ある本格派

  5. 5

    ジャニーズ事務所<2>アイドルも経営陣も世代交代の転換期

  6. 6

    都Fが公明を突然裏切り…都議会与党ついに「分裂」の裏側

  7. 7

    ジャニーズ事務所<1>スキを見せない「帝国」に生じた軋み

  8. 8

    「きっかけは私」島袋寛子が匂わせたSPEED解散“複雑理由”

  9. 9

    全米が称賛! イジメに気づいた幼稚園の先生が取った行動

  10. 10

    特大弾含む大当たりでも…日ハム清宮への意外な酷評と課題

もっと見る