• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

初場所優勝が嘘のよう…4連敗の琴奨菊「結婚式」が原因か

投稿日:  更新日:

 スポーツ紙風に言えば「悪夢の4連敗」といったところか。

 いまだ初日が出ていない大関琴奨菊(32)。13日の4日目も宝富士にあっけなく送り出され、4連敗。「踏み込む足がなあ……」とため息を連発するなど、1月場所で初優勝したのがウソのようなもろさだ。

 ある親方は「低く当たって、がぶるしかできない力士ですが……」と、こう続ける。

「低い体勢の立ち合いは常に変化される恐れがある。初場所はたまたま、誰にも変化されなかったから優勝できたようなもの。それが3月場所で稀勢の里に、先場所も2番、立ち合い変化で負けたのでトラウマになっているのでしょう。今場所の相撲は腰が高く中途半端な上、出足も鈍い。おそらく、『思い切り突っ込んで変化されたらどうしよう』と迷いがあるのではないか」

 場所前の一門連合稽古では、同じ大関の稀勢の里を圧倒。「オレも強いよ」とうそぶいていたが、稽古で立ち合い変化をするバカはいない。思う存分、低い体勢で突っ込むことができる。普段からアタマを使った稽古をしていないツケとも言えるだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  2. 2

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  3. 3

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  4. 4

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  5. 5

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

  6. 6

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  7. 7

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  8. 8

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  9. 9

    テニス協会が大坂なおみへ 全米V報奨金800万円は妥当か

  10. 10

    大坂なおみに完敗 女王セリーナが全米決勝で逆上した真相

もっと見る