初場所優勝が嘘のよう…4連敗の琴奨菊「結婚式」が原因か

公開日:  更新日:

 スポーツ紙風に言えば「悪夢の4連敗」といったところか。

 いまだ初日が出ていない大関琴奨菊(32)。13日の4日目も宝富士にあっけなく送り出され、4連敗。「踏み込む足がなあ……」とため息を連発するなど、1月場所で初優勝したのがウソのようなもろさだ。

 ある親方は「低く当たって、がぶるしかできない力士ですが……」と、こう続ける。

「低い体勢の立ち合いは常に変化される恐れがある。初場所はたまたま、誰にも変化されなかったから優勝できたようなもの。それが3月場所で稀勢の里に、先場所も2番、立ち合い変化で負けたのでトラウマになっているのでしょう。今場所の相撲は腰が高く中途半端な上、出足も鈍い。おそらく、『思い切り突っ込んで変化されたらどうしよう』と迷いがあるのではないか」

 場所前の一門連合稽古では、同じ大関の稀勢の里を圧倒。「オレも強いよ」とうそぶいていたが、稽古で立ち合い変化をするバカはいない。思う存分、低い体勢で突っ込むことができる。普段からアタマを使った稽古をしていないツケとも言えるだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  7. 7

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  8. 8

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

  9. 9

    広島1位・小園海斗の成長に一役…父語る400万円の秘密兵器

  10. 10

    歴史は繰り返す 「分断か共生か」の対立が招く3度目の大戦

もっと見る