厳しい自力V 稀勢の里の綱取りには日本人の援護が必要だ

公開日: 更新日:

「集中して思い切っていった。初日にしてはよかったと思う」

 大関稀勢の里(30)が危なげない相撲で御嶽海(23)を寄り切り、取組後にこう言った。

 綱取りのかかった稀勢の里が場所前、特に力を入れたのは下半身の強化だった。いつも以上に四股を踏み、ぶつかり稽古でも下半身の踏ん張りを意識した。「やり残したことはない」と挑んだ今場所でまずは無難なスタートを切ったが、肝心な場面で勝負弱さを露呈するだけに“自力V”は厳しいのではないか。

 なにしろモンゴル人横綱が3人もいるのだ。稀勢の里に3人を投げ飛ばすだけの技量があるとは思えないし、そもそも1対3じゃ、あまりに分が悪い。3人の牙城を崩すためには、ひとりぐらい日本人力士に暴れてもらう必要がある。だとすれば期待できそうなのは初場所で優勝した琴奨菊(32)くらいしかいない。

 とはいえ、その琴奨菊が初場所優勝以降、サッパリ。春場所は綱取りがかかりながら8勝7敗と勝ち越すのがやっとで、先場所も10勝5敗。この日も西前頭筆頭の栃煌山にいいところなく押し出され、多くは期待できない。

 稀勢の里の綱取りはやはり難しそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    出川哲朗は枕営業騒動で一番深手…“救いの手”はあるのか

  5. 5

    マリエ枕営業騒動にみる「根に持つ女性」の賢いあしらい方

  6. 6

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  7. 7

    小室圭さんが母の元婚約者に“解決金” 支払いは誰が?

  8. 8

    小室圭さん400万円で破談寸前に 初動ミスを招いたプライド

  9. 9

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  10. 10

    小池知事の無策が招くGW明け新規感染3800人の最悪シナリオ

もっと見る