• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

厳しい自力V 稀勢の里の綱取りには日本人の援護が必要だ

「集中して思い切っていった。初日にしてはよかったと思う」

 大関稀勢の里(30)が危なげない相撲で御嶽海(23)を寄り切り、取組後にこう言った。

 綱取りのかかった稀勢の里が場所前、特に力を入れたのは下半身の強化だった。いつも以上に四股を踏み、ぶつかり稽古でも下半身の踏ん張りを意識した。「やり残したことはない」と挑んだ今場所でまずは無難なスタートを切ったが、肝心な場面で勝負弱さを露呈するだけに“自力V”は厳しいのではないか。

 なにしろモンゴル人横綱が3人もいるのだ。稀勢の里に3人を投げ飛ばすだけの技量があるとは思えないし、そもそも1対3じゃ、あまりに分が悪い。3人の牙城を崩すためには、ひとりぐらい日本人力士に暴れてもらう必要がある。だとすれば期待できそうなのは初場所で優勝した琴奨菊(32)くらいしかいない。

 とはいえ、その琴奨菊が初場所優勝以降、サッパリ。春場所は綱取りがかかりながら8勝7敗と勝ち越すのがやっとで、先場所も10勝5敗。この日も西前頭筆頭の栃煌山にいいところなく押し出され、多くは期待できない。

 稀勢の里の綱取りはやはり難しそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

  4. 4

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  5. 5

    竹内涼真vs手越祐也 明暗分かれたサッカーW杯キャスター評

  6. 6

    フジの中居MC計画潰した 「徹子の部屋」は元の放送時間へ

  7. 7

    強豪私学が相次ぎ予選敗退…公立高校が全国で“逆襲”のワケ

  8. 8

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  9. 9

    最近目立つ暴力事件より高校野球で根深いのは“たばこ問題”

  10. 10

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

もっと見る