厳しい自力V 稀勢の里の綱取りには日本人の援護が必要だ

公開日: 更新日:

「集中して思い切っていった。初日にしてはよかったと思う」

 大関稀勢の里(30)が危なげない相撲で御嶽海(23)を寄り切り、取組後にこう言った。

 綱取りのかかった稀勢の里が場所前、特に力を入れたのは下半身の強化だった。いつも以上に四股を踏み、ぶつかり稽古でも下半身の踏ん張りを意識した。「やり残したことはない」と挑んだ今場所でまずは無難なスタートを切ったが、肝心な場面で勝負弱さを露呈するだけに“自力V”は厳しいのではないか。

 なにしろモンゴル人横綱が3人もいるのだ。稀勢の里に3人を投げ飛ばすだけの技量があるとは思えないし、そもそも1対3じゃ、あまりに分が悪い。3人の牙城を崩すためには、ひとりぐらい日本人力士に暴れてもらう必要がある。だとすれば期待できそうなのは初場所で優勝した琴奨菊(32)くらいしかいない。

 とはいえ、その琴奨菊が初場所優勝以降、サッパリ。春場所は綱取りがかかりながら8勝7敗と勝ち越すのがやっとで、先場所も10勝5敗。この日も西前頭筆頭の栃煌山にいいところなく押し出され、多くは期待できない。

 稀勢の里の綱取りはやはり難しそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  2. 2

    ハイエナたちにしゃぶられた…“今太閤”羽柴秀吉さんの悲劇

  3. 3

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  4. 4

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  5. 5

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  6. 6

    「ビリーズブートキャンプ」が大ヒット ビリー隊長の今は

  7. 7

    北京「故宮」で贋作陶器を販売?日本人観光客が次々被害に

  8. 8

    堀潤氏「分断」テーマに映画 重要なのは“小さな主語”目線

  9. 9

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

  10. 10

    2.20が新型肺炎パンデミック節目 最大8200万人感染の恐怖

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る