白鵬との稽古で御嶽海が肉離れ 大卒力士“モロさ”の原因は

公開日: 更新日:

 横綱がまたやらかした――というわけではなかった。

 5日に出稽古に来た白鵬(31)に病院送りにされた出羽海部屋の御嶽海(23)。横綱と10番取ったところ、左足の肉離れで全治2~3週間のケガを負ったのだ。

 東洋大時代にアマチュア横綱に輝き、昨年3月場所に幕下付け出しでデビュー。11月場所で入幕すると、今場所は東前頭筆頭と順調に昇進を重ねてきた。

 もっとも、白鵬がやり過ぎたわけではない。ある親方は「大学出身力士のもろさが出た」と、こう続ける。

「大学相撲部はしょせん、部活にすぎない。1~2年時は上級生にしごかれるけど、4年生になれば自分を追い込む稽古などしませんよ。しかも、御嶽海は出羽海部屋の部屋頭。番付が一番上なのだから、激しい稽古を強要する者もいない。出羽海親方(元幕内小城ノ花)も優しい性格で、稽古でも決して無理をさせない。つまり、御嶽海はまだプロの体になっていないということです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    植野妙実子氏「表現の自由」の抑圧で民主国家は成立しない

  2. 2

    幼保無償化がようやくスタートも…多子世帯には厳しい現実

  3. 3

    安倍首相11.20退陣説 「桜を見る会」疑惑で政界の空気一変

  4. 4

    「桜を見る会」関連業務“アベ友業者”にオイシイ受注誘導か

  5. 5

    誰が見ても違反じゃないか 動かない捜査当局の腐敗堕落

  6. 6

    五つ子の“減胎手術”ですべての子を失った女性の悔恨

  7. 7

    元おニャン子・立見里歌さん 元アイドルが子育て終えた今

  8. 8

    「ゴジラvsコング」で始動 小栗旬を待つ“雑巾がけ”の日々

  9. 9

    メジャー挑戦 球界No.1二塁手広島・菊池涼介の意外な評価

  10. 10

    前澤氏と破局…剛力彩芽が目指すべきは上戸彩の「昼顔妻」

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る