• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

稀勢の里の横綱昇進条件 協会は明確化すべしと評論家苦言

 27日に発表された、大相撲7月場所の番付。注目は当然、東の正位に座る大関稀勢の里(29)だ。

 横綱審議委員会の内規では、綱とりは「2場所連続優勝、あるいはそれに準ずる成績」とある。昇進がかかっていた先場所は、13勝2敗。横綱白鵬(31)に優勝を許したが、「優勝に準ずる」成績として扱われ、今場所も綱とりは継続している。

 しかし、二所ノ関審判部長(元大関若嶋津)は「優勝すれば、そういう話になる」と話すだけで、では何勝以上かという具体的な数字は何も示していないのだ。

 先場所も稀勢の里の昇進条件は、どんどんハードルが下がっていった。当初は「3横綱を破り、14勝以上の優勝なら」と言われていたが、白鵬に負けるや「残り2横綱を倒して優勝」ときた。

 相撲評論家の中澤潔氏は「全勝か、せめて14勝1敗の優勝でなければいけません」と、こう話す。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  2. 2

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  3. 3

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  4. 4

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  5. 5

    進次郎氏当日まで完黙…裏に父・小泉元首相“ゴルフ密約説”

  6. 6

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  7. 7

    中国人女優・范冰冰さん 消息不明の背景に脱税と暴露合戦

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  10. 10

    年内にもソウル訪問 金正恩が納得する“警護”間に合うのか

もっと見る