• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

CMが奪われる? 白鵬が稀勢の里の昇進「絶対阻止」のワケ

 10日に初日を迎える大相撲7月場所。綱取りを目指す大関稀勢の里(30)の壁として立ちはだかるのが、横綱白鵬(31)だ。

 これまでは不甲斐ない大関に対し、「日頃の行い、考え方も大事。相撲だけ努力してもダメだ」と、厳しいながらもエールを送っていた。しかし、本音はどうか。

 長く土俵の第一人者として君臨してきた白鵬は、乱暴な取り口や見苦しい所作への批判を、優勝することでねじ伏せてきた。そんな横綱に相撲協会は何も言えず、白鵬はすっかり増長。今では我が物顔でヒジをブンブン振り回している。

「11年の八百長騒動では本場所のボイコットを起こしかけたこともある。当時、処分された力士に外国人が多かったことで、『処分を見直さなければ、我々外国人力士は次の場所を休場する』と協会に迫ろうとした。魁皇(現浅香山親方)の一喝でやむなく引き下がりましたけどね」(ある親方)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  5. 5

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  8. 8

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  9. 9

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

  10. 10

    河野外相ツイートが炎上 切望した外遊の中身は“観光”同然

もっと見る