• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

CMが奪われる? 白鵬が稀勢の里の昇進「絶対阻止」のワケ

 10日に初日を迎える大相撲7月場所。綱取りを目指す大関稀勢の里(30)の壁として立ちはだかるのが、横綱白鵬(31)だ。

 これまでは不甲斐ない大関に対し、「日頃の行い、考え方も大事。相撲だけ努力してもダメだ」と、厳しいながらもエールを送っていた。しかし、本音はどうか。

 長く土俵の第一人者として君臨してきた白鵬は、乱暴な取り口や見苦しい所作への批判を、優勝することでねじ伏せてきた。そんな横綱に相撲協会は何も言えず、白鵬はすっかり増長。今では我が物顔でヒジをブンブン振り回している。

「11年の八百長騒動では本場所のボイコットを起こしかけたこともある。当時、処分された力士に外国人が多かったことで、『処分を見直さなければ、我々外国人力士は次の場所を休場する』と協会に迫ろうとした。魁皇(現浅香山親方)の一喝でやむなく引き下がりましたけどね」(ある親方)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  2. 2

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  5. 5

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  6. 6

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  7. 7

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  8. 8

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

もっと見る