CMが奪われる? 白鵬が稀勢の里の昇進「絶対阻止」のワケ

公開日: 更新日:

 10日に初日を迎える大相撲7月場所。綱取りを目指す大関稀勢の里(30)の壁として立ちはだかるのが、横綱白鵬(31)だ。

 これまでは不甲斐ない大関に対し、「日頃の行い、考え方も大事。相撲だけ努力してもダメだ」と、厳しいながらもエールを送っていた。しかし、本音はどうか。

 長く土俵の第一人者として君臨してきた白鵬は、乱暴な取り口や見苦しい所作への批判を、優勝することでねじ伏せてきた。そんな横綱に相撲協会は何も言えず、白鵬はすっかり増長。今では我が物顔でヒジをブンブン振り回している。

「11年の八百長騒動では本場所のボイコットを起こしかけたこともある。当時、処分された力士に外国人が多かったことで、『処分を見直さなければ、我々外国人力士は次の場所を休場する』と協会に迫ろうとした。魁皇(現浅香山親方)の一喝でやむなく引き下がりましたけどね」(ある親方)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    抗議デモの最中に…シレッとケーキ泥棒の女の動画が人気に

  2. 2

    吉村府知事が“袋叩き”に…大村知事リコール賛同の見当違い

  3. 3

    シースルー防護服の下は水着…男性患者には「大きな支援」

  4. 4

    コロナ禍で…世界トップレベルの下着モデルが農村でバイト

  5. 5

    給付金利権の闇 違法団体だったサ推協と経産省疑惑の人物

  6. 6

    京アニ放火犯を救った1000万円の治療費 誰が負担するのか

  7. 7

    小池氏圧勝に赤信号 都知事選にイケメン対抗馬で無風一変

  8. 8

    小池都知事の次なる敵は…新宿・歌舞伎町“殲滅”の危うさ

  9. 9

    一人暮らしをする実母の通い介護で毎月赤字&預金減少に…

  10. 10

    河野氏の野暮すぎる変節 ブルーインパルス発案明言で露呈

もっと見る