CMが奪われる? 白鵬が稀勢の里の昇進「絶対阻止」のワケ

公開日: 更新日:

 10日に初日を迎える大相撲7月場所。綱取りを目指す大関稀勢の里(30)の壁として立ちはだかるのが、横綱白鵬(31)だ。

 これまでは不甲斐ない大関に対し、「日頃の行い、考え方も大事。相撲だけ努力してもダメだ」と、厳しいながらもエールを送っていた。しかし、本音はどうか。

 長く土俵の第一人者として君臨してきた白鵬は、乱暴な取り口や見苦しい所作への批判を、優勝することでねじ伏せてきた。そんな横綱に相撲協会は何も言えず、白鵬はすっかり増長。今では我が物顔でヒジをブンブン振り回している。

「11年の八百長騒動では本場所のボイコットを起こしかけたこともある。当時、処分された力士に外国人が多かったことで、『処分を見直さなければ、我々外国人力士は次の場所を休場する』と協会に迫ろうとした。魁皇(現浅香山親方)の一喝でやむなく引き下がりましたけどね」(ある親方)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  2. 2

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  3. 3

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  4. 4

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  5. 5

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  6. 6

    ロケット団・三浦昌朗が明かす「死ぬしかない」と涙した夜

  7. 7

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  8. 8

    初版1万7000部も実売は…河野景子の“暴露本”売れてるの?

  9. 9

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

  10. 10

    永野芽郁と本田翼が急伸 2019年"CM女王争い"に異変の兆し

もっと見る