トランポリン伊藤正樹 リオ直前にまさかのアクシデント

公開日:  更新日:

 その瞬間、練習場は静寂に包まれた。

 トランポリン男女のリオ五輪代表が15日、都内で練習を公開。前回のロンドン五輪で4位入賞し、今大会もメダル取りが有力視される伊藤正樹(27)に異変が生じたのは本番を想定した試技会の最中だった。

 2度目の演技で5番目の種目を跳んで着地した瞬間、右手で腰を押さえながら崩れ落ちるようにあおむけに倒れ込んだ。苦悶の表情を見せたまま、しばらく起き上がれずに、試技会は中断。車イスに乗って病院へと運ばれた。

 診断結果は、「急性腰痛」。五輪出場に支障はないとのことだが、日本代表の中田大輔コーチによれば「体を真っすぐに立て直すときの勢いが強すぎたので痛めたのかもしれません。(腰椎)分離症に近い形になったと思う」と不安を隠さない。

 伊藤は13年にも腰を痛めており、当時は満足に練習できるまでに半年近くかかったという。今回は本番直前のアクシデントだけに心配だ。

 トランポリンの予選、決勝は8月13日(日本時間14日)。出場できるまでに回復できてもぶっつけ本番となる。それでも中田コーチは、「W杯では3回宙返りから落ちて足を強打してもアイシングとテーピングで出場した。調整能力が高いので合わせていくと思う」と言うのだが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

もっと見る