広島・黒田の来季残留 球団の“切り札”は10億円と新井貴浩

公開日: 更新日:

 日米通算200勝は、またもお預けである。広島黒田博樹(41)が13日、前半戦最終戦の巨人戦に先発。七回途中6失点で降板し、5敗目(6勝)を喫した。前回6日も6回3失点で足踏み。大記録達成は後半戦に持ち越しとなった。

 現役か引退か――。昨季終了後、黒田は悩んだ。11月の終わり、「野球人生最高のモチベーションで(米国から)帰ってきたし、1年を終えて燃え尽きた思いがある」と発言。進退を保留したまま、なかなか気持ちを明かさず、残留が最重要課題だった球団をヤキモキさせた。今季、200勝を達成し、チームを25年ぶりのリーグ優勝に導いた暁には、今度こそ引退するのではとの声がある。

 球団関係者がこう明かす。

「当然、来季も残留してくれるよう、球団は全力を尽くす。今季の黒田の年俸は、4億円から日本球界最高の6億円。貢献度を考えれば、現役続行要請には8億円は必要というのが球団の考えですが、財政的には10億円まではいける。ただ、本人はカネに無頓着。提示額が高いからって『やります』とはならない。モチベーションが保てるか。続けるには理由が必要なんです。悲願のリーグ優勝を成し遂げたら、モチベーションを保つのも難しいでしょう。だったらせめて提示だけでも10億円くらいの誠意を見せないとというのはある。球団にもたらした黒田効果は、それ以上の価値がありますから」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  2. 2

    柔道金メダリスト内柴正人さん 第2の人生は“銭湯のオヤジ”

  3. 3

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  4. 4

    東出昌大は離婚で“焼け太り” 映画出演での快進撃が始まる

  5. 5

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  6. 6

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  7. 7

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

  8. 8

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  9. 9

    都会に住むとわからない…地方の“新型コロナ差別”の実態

  10. 10

    長谷川博己も沈黙…撮影再開「麒麟がくる」はまるで“通夜”

もっと見る