広島・黒田の来季残留 球団の“切り札”は10億円と新井貴浩

公開日:  更新日:

 日米通算200勝は、またもお預けである。広島の黒田博樹(41)が13日、前半戦最終戦の巨人戦に先発。七回途中6失点で降板し、5敗目(6勝)を喫した。前回6日も6回3失点で足踏み。大記録達成は後半戦に持ち越しとなった。

 現役か引退か――。昨季終了後、黒田は悩んだ。11月の終わり、「野球人生最高のモチベーションで(米国から)帰ってきたし、1年を終えて燃え尽きた思いがある」と発言。進退を保留したまま、なかなか気持ちを明かさず、残留が最重要課題だった球団をヤキモキさせた。今季、200勝を達成し、チームを25年ぶりのリーグ優勝に導いた暁には、今度こそ引退するのではとの声がある。

 球団関係者がこう明かす。

「当然、来季も残留してくれるよう、球団は全力を尽くす。今季の黒田の年俸は、4億円から日本球界最高の6億円。貢献度を考えれば、現役続行要請には8億円は必要というのが球団の考えですが、財政的には10億円まではいける。ただ、本人はカネに無頓着。提示額が高いからって『やります』とはならない。モチベーションが保てるか。続けるには理由が必要なんです。悲願のリーグ優勝を成し遂げたら、モチベーションを保つのも難しいでしょう。だったらせめて提示だけでも10億円くらいの誠意を見せないとというのはある。球団にもたらした黒田効果は、それ以上の価値がありますから」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  2. 2

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  3. 3

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

  10. 10

    “PC打てない”桜田大臣 ツイッターで大島優子フォローの謎

もっと見る