ミス連発で円陣…今の阪神はまるで“高校野球の地方予選”

公開日: 更新日:

 後半戦初戦の阪神―巨人戦は、「1点を争う攻防」といえば聞こえはいいが、その内容たるやひどかった。

 阪神は1点リ―ドの五回、ヒットの高山が盗塁に成功。無死二塁のチャンスをつくるが、その高山が北條の三ゴロで飛び出し、好機をつぶす。続くメッセンジャーもバントのサインに3度失敗だ。

 攻撃のミスは守備にも「伝染」する。六回表、巨人の攻撃の際、中堅・江越が小林誠の放った右中間の打球に対し、強引にダイビングキャッチを試みて、これが三塁打になってしまう。

 2死後、巨人の新人山本(慶大)がファウルで粘り、8球目の外角低めにバットを出すと、打球は一塁ゴメスの左へ。ゴメスはグラブからこぼれた打球をカバーに入ったメッセにトスするも、送球が高く浮き、ヘッドスライディングの山本はセーフ。これが同点の適時内野安打となり、NHKのアナは「手に汗握る接戦になってきました」と語ったが、冗談じゃない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    6億円FAが補欠かも…巨人炭谷の正捕手を阻む小林の“鬼肩”

  2. 2

    安倍首相またウソ “自衛官の息子涙目”逸話には元ネタあり

  3. 3

    官邸文書申し入れ問題 記者イジメなぜ内閣記者会ダンマリ

  4. 4

    もし“キャンプ番長”斎藤佑樹の指導者が栗山監督以外なら…

  5. 5

    夏の甲子園準Vの日本文理野球部で…窃盗事件もみ消し疑惑

  6. 6

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  7. 7

    ゲレーロ濃厚も…巨人の“超大穴”左翼を他球団が密かに警戒

  8. 8

    乙武さんがハーフ美女と再婚へ 日刊ゲンダイもデート目撃

  9. 9

    小栗会に合流で…役者仲間が危ぶんだ新井浩文の素行不良

  10. 10

    日本初「事業再生支援会社」の着手案件が次々と破綻危機

もっと見る