• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ミス連発で円陣…今の阪神はまるで“高校野球の地方予選”

 後半戦初戦の阪神―巨人戦は、「1点を争う攻防」といえば聞こえはいいが、その内容たるやひどかった。

 阪神は1点リ―ドの五回、ヒットの高山が盗塁に成功。無死二塁のチャンスをつくるが、その高山が北條の三ゴロで飛び出し、好機をつぶす。続くメッセンジャーもバントのサインに3度失敗だ。

 攻撃のミスは守備にも「伝染」する。六回表、巨人の攻撃の際、中堅・江越が小林誠の放った右中間の打球に対し、強引にダイビングキャッチを試みて、これが三塁打になってしまう。

 2死後、巨人の新人山本(慶大)がファウルで粘り、8球目の外角低めにバットを出すと、打球は一塁ゴメスの左へ。ゴメスはグラブからこぼれた打球をカバーに入ったメッセにトスするも、送球が高く浮き、ヘッドスライディングの山本はセーフ。これが同点の適時内野安打となり、NHKのアナは「手に汗握る接戦になってきました」と語ったが、冗談じゃない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

  4. 4

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  5. 5

    竹内涼真vs手越祐也 明暗分かれたサッカーW杯キャスター評

  6. 6

    フジの中居MC計画潰した 「徹子の部屋」は元の放送時間へ

  7. 7

    強豪私学が相次ぎ予選敗退…公立高校が全国で“逆襲”のワケ

  8. 8

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  9. 9

    最近目立つ暴力事件より高校野球で根深いのは“たばこ問題”

  10. 10

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

もっと見る