選手も監督もガッポリ…最下位阪神は“年俸超改革”が急務

公開日: 更新日:

 もうボロボロだ。最下位阪神広島の5年目左腕・戸田に8安打完封負けを食らって甲子園で3連敗。金本監督はこの日もベンチ前の円陣で怒声を上げたが、そんなことで、深刻な貧打が改善されるはずもない。

 実力不足の若手を並べているだけの「超変革」ではそれも仕方ないが、ファンが納得できないのは「給料」ではないか。

 阪神の支配下選手の年俸総額は約24億円だ。1位ソフトバンク約42億円、2位巨人約33億円には及ばないものの12球団で3位。平均年俸約3949万円も同3位だ。にもかかわらず、打者でセの打率上位20人に入っているのは2億円プレーヤーの福留だけ(6位・3094)。

 4億円ももらっている鳥谷は・231の25位。投手陣も防御率10傑にランクインしているのは、6位のメッセンジャー(16試合、2・97)、10位の藤浪(15試合、3・46)の2人だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    出川哲朗とばっちり マリエの告発を“キャラ”で乗り切れる?

  3. 3

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  4. 4

    石原さとみ“引退説”一蹴 綾瀬はるか意識しベッドシーン?

  5. 5

    マリエの枕営業告発が広がりに欠けるワケ…どうなる“第2R”

  6. 6

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  7. 7

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  8. 8

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

  9. 9

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  10. 10

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

もっと見る