選手も監督もガッポリ…最下位阪神は“年俸超改革”が急務

公開日: 更新日:

 もうボロボロだ。最下位阪神広島の5年目左腕・戸田に8安打完封負けを食らって甲子園で3連敗。金本監督はこの日もベンチ前の円陣で怒声を上げたが、そんなことで、深刻な貧打が改善されるはずもない。

 実力不足の若手を並べているだけの「超変革」ではそれも仕方ないが、ファンが納得できないのは「給料」ではないか。

 阪神の支配下選手の年俸総額は約24億円だ。1位ソフトバンク約42億円、2位巨人約33億円には及ばないものの12球団で3位。平均年俸約3949万円も同3位だ。にもかかわらず、打者でセの打率上位20人に入っているのは2億円プレーヤーの福留だけ(6位・3094)。

 4億円ももらっている鳥谷は・231の25位。投手陣も防御率10傑にランクインしているのは、6位のメッセンジャー(16試合、2・97)、10位の藤浪(15試合、3・46)の2人だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    小倉優子「離婚危機」の行く末…夫反撃で世間の風向き一転

  3. 3

    杏が東出昌大と離婚決意…情報は関係者リークの“お墨付き”

  4. 4

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  5. 5

    安倍政権またもケチケチ「1世帯30万円給付」は8割が対象外

  6. 6

    外国メディアの引用でしか政府批判ができない日本の報道

  7. 7

    歌舞伎町ラブホテル街で賃貸経営が成功したもっともな理由

  8. 8

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  9. 9

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

  10. 10

    外出禁止4週目で実感 日本人の規律にロックダウンは不要

もっと見る