選手も監督もガッポリ…最下位阪神は“年俸超改革”が急務

公開日:  更新日:

 もうボロボロだ。最下位阪神は広島の5年目左腕・戸田に8安打完封負けを食らって甲子園で3連敗。金本監督はこの日もベンチ前の円陣で怒声を上げたが、そんなことで、深刻な貧打が改善されるはずもない。

 実力不足の若手を並べているだけの「超変革」ではそれも仕方ないが、ファンが納得できないのは「給料」ではないか。

 阪神の支配下選手の年俸総額は約24億円だ。1位ソフトバンク約42億円、2位巨人約33億円には及ばないものの12球団で3位。平均年俸約3949万円も同3位だ。にもかかわらず、打者でセの打率上位20人に入っているのは2億円プレーヤーの福留だけ(6位・3094)。

 4億円ももらっている鳥谷は・231の25位。投手陣も防御率10傑にランクインしているのは、6位のメッセンジャー(16試合、2・97)、10位の藤浪(15試合、3・46)の2人だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  5. 5

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  6. 6

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  7. 7

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  8. 8

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  9. 9

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る