日本スポーツ界で「アフリカ系ハーフ選手」続々頭角の背景

公開日: 更新日:

 単なる偶然ではない。25日、世界陸上男子200メートル予選4組で、日本史上最年少出場となったサニブラウン・アブデル・ハキーム(城西高2年)が、100メートル銀のガトリンに次ぐ2位(20秒35)で26日の準決勝へコマを進めた。

 このスプリンターの父はガーナ人だが、今年の夏の甲子園を沸かせたオコエ瑠偉(関東第一3年)と女子バレー日本代表の宮部藍梨(金蘭会高2年)の父もナイジェリア人。ラグビー日本代表の松島幸太朗(22・サントリー)の父はジンバブエ出身だ。

 さらに、オコエの妹・桃仁花(明星学園高2年)も女子バスケットU-16日本代表候補に入り(代表は落選)、父がベナン出身の八村塁(明成高3年)は、男子バスケの日本代表に選ばれた。オリックスドラフト2位ルーキー宗佑磨内野手の父はギニア人だ。高校野球の地区予選で敗退したチームの中にも、プロが注目するアフリカ系ハーフの選手はいた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  2. 2

    「エール」音の妹と裕一の弟子が急接近…「露営の歌」秘話

  3. 3

    優香に女優復帰待望論 衰えぬ美貌で深キョンもタジタジ?

  4. 4

    “青汁王子”こと三崎優太氏のYouTubeでの主張に対する弊社の見解

  5. 5

    悪徳マルチ元会長逮捕で安倍前首相が国会で“球拾い”する日

  6. 6

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  7. 7

    宝くじ億万長者の2人…同じ数字の組み合わせを20年間継続

  8. 8

    「集団就職」の真偽を問いただすと口調が興奮気味に一変

  9. 9

    菅内閣“ご祝儀報道”の裏で着々…真の肝入りは法務と警察

  10. 10

    テレ朝がすがる沢口靖子 米倉失速で“新・ドラマの女王”に

もっと見る