日本スポーツ界で「アフリカ系ハーフ選手」続々頭角の背景

公開日: 更新日:

 単なる偶然ではない。25日、世界陸上男子200メートル予選4組で、日本史上最年少出場となったサニブラウン・アブデル・ハキーム(城西高2年)が、100メートル銀のガトリンに次ぐ2位(20秒35)で26日の準決勝へコマを進めた。

 このスプリンターの父はガーナ人だが、今年の夏の甲子園を沸かせたオコエ瑠偉(関東第一3年)と女子バレー日本代表の宮部藍梨(金蘭会高2年)の父もナイジェリア人。ラグビー日本代表の松島幸太朗(22・サントリー)の父はジンバブエ出身だ。

 さらに、オコエの妹・桃仁花(明星学園高2年)も女子バスケットU-16日本代表候補に入り(代表は落選)、父がベナン出身の八村塁(明成高3年)は、男子バスケの日本代表に選ばれた。オリックスのドラフト2位ルーキー宗佑磨内野手の父はギニア人だ。高校野球の地区予選で敗退したチームの中にも、プロが注目するアフリカ系ハーフの選手はいた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    れいわ奇跡の躍進 山本太郎「政権を狙いに行く」の現実味

  2. 2

    ほぼ「絶対君主」吉本興業・岡本昭彦社長のコワモテ評判

  3. 3

    宮迫と亮に暗部暴かれ…吉本は“芸人クーデター”で瓦解寸前

  4. 4

    「NHKから国民を守る党」まさかの議席獲得…NHKは戦々恐々

  5. 5

    改憲だけは阻止した参院選 与党過半数でも波乱の予兆<上>

  6. 6

    無許可で造った“ゲリラ花壇”を発見した市職員の粋な対応

  7. 7

    「俺は基本、嫌いな人とは仕事しませんもん(笑い)」

  8. 8

    吉本「契約書なし」にカミついたハリセンボン春菜の正論

  9. 9

    れいわ新選組・山本太郎氏「世の中変わるなら捨て石上等」

  10. 10

    後半戦初登板で3人炎上 セのエースをつまづかせた“真犯人”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る