日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

陸上サニブラウンだけじゃない 「ハーフ選手」が秘める可能性

 ハーフと聞けば、納得だ。

 19日(日本時間20日)、コロンビアで行われた陸上の世界ユース選手権男子200メートルで、100メートルを10秒28の大会新記録で制した16歳のサニブラウン・アブデル・ハキーム(東京・城西高)が、こちらも20秒34の大会新記録で優勝。200メートルの時計は、03年にウサイン・ボルト(ジャマイカ)が出した20秒40を更新。桐生祥秀(東洋大)が持っていた日本高校記録(20秒41)も塗り替えた。8月の世界選手権(北京)の参加標準記録20秒50を上回ったことで、追加による代表入りが濃厚となった。

 身長が187センチのサニブラウンは、ハードルの選手だった日本人の母とガーナ人の父から生まれたハーフだ。小学3年で陸上を始め、中学時代に急成長。今年1月には日本陸連が20年東京五輪を見据えた若手強化選手「ダイヤモンドアスリート」にも選出された。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事