ベール脱いだハーフ1年 横浜・万波に“オコエ超え”の評価

公開日:  更新日:

 衝撃のパワーだ。横浜高校の大物1年生、万波中正(まんなみ・ちゅうせい)が19日、神奈川大会3回戦の松陽戦に「8番・右翼」で先発出場。2点リードの二回に先頭打者として登場すると、バックスクリーンの電光掲示板の下を直撃する特大ソロを放った。

「夏の大会で1本打ちたかったのでうれしかった。真芯で捉えられたからあの弾道になった」と白い歯を見せた。高校通算4本目は、記念すべき公式戦初本塁打となった。

 190センチ、90キロ。コンゴ共和国出身の父と日本人の母を持つ。アフリカ系ハーフ選手といえば、高卒1年目のオコエ(現楽天)が有名だが、あちらは185センチ、90キロ。万波の方が一回りデカい。

 強豪の東練馬シニアではエースとして最速138キロ。チームを全国4強に導いた。横浜の元野球部長、小倉清一郎氏がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    逮捕飛び火の小池知事 “ゴーンイズム”心酔アピールの過去

もっと見る