• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ベール脱いだハーフ1年 横浜・万波に“オコエ超え”の評価

 衝撃のパワーだ。横浜高校の大物1年生、万波中正(まんなみ・ちゅうせい)が19日、神奈川大会3回戦の松陽戦に「8番・右翼」で先発出場。2点リードの二回に先頭打者として登場すると、バックスクリーンの電光掲示板の下を直撃する特大ソロを放った。

「夏の大会で1本打ちたかったのでうれしかった。真芯で捉えられたからあの弾道になった」と白い歯を見せた。高校通算4本目は、記念すべき公式戦初本塁打となった。

 190センチ、90キロ。コンゴ共和国出身の父と日本人の母を持つ。アフリカ系ハーフ選手といえば、高卒1年目のオコエ(現楽天)が有名だが、あちらは185センチ、90キロ。万波の方が一回りデカい。

 強豪の東練馬シニアではエースとして最速138キロ。チームを全国4強に導いた。横浜の元野球部長、小倉清一郎氏がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  8. 8

    鈴木良平氏が異論 「代表監督は日本人に限る」風潮は尚早

  9. 9

    フジ主演ドラマ好発進も…山崎賢人に足りないアドリブの妙

  10. 10

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

もっと見る