ベール脱いだハーフ1年 横浜・万波に“オコエ超え”の評価

公開日: 更新日:

 衝撃のパワーだ。横浜高校の大物1年生、万波中正(まんなみ・ちゅうせい)が19日、神奈川大会3回戦の松陽戦に「8番・右翼」で先発出場。2点リードの二回に先頭打者として登場すると、バックスクリーンの電光掲示板の下を直撃する特大ソロを放った。

「夏の大会で1本打ちたかったのでうれしかった。真芯で捉えられたからあの弾道になった」と白い歯を見せた。高校通算4本目は、記念すべき公式戦初本塁打となった。

 190センチ、90キロ。コンゴ共和国出身の父と日本人の母を持つ。アフリカ系ハーフ選手といえば、高卒1年目のオコエ(現楽天)が有名だが、あちらは185センチ、90キロ。万波の方が一回りデカい。

 強豪の東練馬シニアではエースとして最速138キロ。チームを全国4強に導いた。横浜の元野球部長、小倉清一郎氏がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ナゾの男が骨董店で中古ピアノを演奏…話は意外な展開に!

  2. 2

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  3. 3

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  4. 4

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  5. 5

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  6. 6

    先の大戦と酷似 デマと精神論が蔓延するコロナ禍ニッポン

  7. 7

    裕次郎さんの自宅から遺跡が…本人と石原プロ社員の神対応

  8. 8

    裕次郎さん命日に幕引き 石原軍団「金、酒、飯」豪快伝説

  9. 9

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  10. 10

    東出昌大は離婚で“焼け太り” 映画出演での快進撃が始まる

もっと見る