• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

清宮は雪辱誓うも…早実「甲子園」への課題は投手力不足

「この負けが、いつか自分にとって必要な負けだった、と言えるような野球人生にしたい」

 17歳とは思えぬセリフを残して、早実・清宮幸太郎(2年)の夏が終わった。夏の高校野球西東京大会準々決勝で八王子学園八王子に4-6で敗退。今春のセンバツに続いて2季連続で逃した甲子園出場のチャンスはこれで、来年の春と夏の2回だけとなり、「もちろんどっちも狙って絶対に出たい」と泣き腫らした目で誓ったが、プロ野球関東地区担当スカウトの目は冷静だ。

「清宮自身は確実にスケールアップしている。これは間違いない。5試合で9四死球と相手に徹底マークされた中で、打てる球を確実に仕留めて打率.583、8打点、3本塁打。ただ、いかんせん早実は投手力が弱い。本来なら清宮と同学年で同じく1年夏に甲子園を経験した服部が柱になってしかるべきなのに、成長が止まっている。右肩を痛めているとはいえ、その前から球速が上がってきてないからね。昨年も『問題は投手力』と言われたが、要するに課題が解消されていない」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  3. 3

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  4. 4

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  5. 5

    ロバート秋山はCM8社で第3位 起用理由をスポンサーに直撃

  6. 6

    小泉&小沢の“異色タッグ”は政界再編の起爆剤になるのか

  7. 7

    朝鮮半島のパワーゲームで日本は…共同通信・磐村氏に聞く

  8. 8

    可愛い“宝物”は24歳に…「孫」がヒットの大泉逸郎さんは今

  9. 9

    小倉智昭、ジャニ勢は…ワイドショー改編で首筋寒いMCたち

  10. 10

    映像は地味だが…「ポツンと一軒家」高視聴率で健闘のワケ

もっと見る