清宮は雪辱誓うも…早実「甲子園」への課題は投手力不足

公開日:  更新日:

「この負けが、いつか自分にとって必要な負けだった、と言えるような野球人生にしたい」

 17歳とは思えぬセリフを残して、早実・清宮幸太郎(2年)の夏が終わった。夏の高校野球西東京大会準々決勝で八王子学園八王子に4-6で敗退。今春のセンバツに続いて2季連続で逃した甲子園出場のチャンスはこれで、来年の春と夏の2回だけとなり、「もちろんどっちも狙って絶対に出たい」と泣き腫らした目で誓ったが、プロ野球関東地区担当スカウトの目は冷静だ。

「清宮自身は確実にスケールアップしている。これは間違いない。5試合で9四死球と相手に徹底マークされた中で、打てる球を確実に仕留めて打率.583、8打点、3本塁打。ただ、いかんせん早実は投手力が弱い。本来なら清宮と同学年で同じく1年夏に甲子園を経験した服部が柱になってしかるべきなのに、成長が止まっている。右肩を痛めているとはいえ、その前から球速が上がってきてないからね。昨年も『問題は投手力』と言われたが、要するに課題が解消されていない」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  5. 5

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  6. 6

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  7. 7

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

  10. 10

    今度は連ドラ初出演…田中みな実“媚びた笑顔”に隠れた野心

もっと見る