清宮は雪辱誓うも…早実「甲子園」への課題は投手力不足

公開日:  更新日:

「この負けが、いつか自分にとって必要な負けだった、と言えるような野球人生にしたい」

 17歳とは思えぬセリフを残して、早実・清宮幸太郎(2年)の夏が終わった。夏の高校野球西東京大会準々決勝で八王子学園八王子に4-6で敗退。今春のセンバツに続いて2季連続で逃した甲子園出場のチャンスはこれで、来年の春と夏の2回だけとなり、「もちろんどっちも狙って絶対に出たい」と泣き腫らした目で誓ったが、プロ野球関東地区担当スカウトの目は冷静だ。

「清宮自身は確実にスケールアップしている。これは間違いない。5試合で9四死球と相手に徹底マークされた中で、打てる球を確実に仕留めて打率.583、8打点、3本塁打。ただ、いかんせん早実は投手力が弱い。本来なら清宮と同学年で同じく1年夏に甲子園を経験した服部が柱になってしかるべきなのに、成長が止まっている。右肩を痛めているとはいえ、その前から球速が上がってきてないからね。昨年も『問題は投手力』と言われたが、要するに課題が解消されていない」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

  2. 2

    片山さつき大臣の「カレンダー」無償配布疑惑に決定的証言

  3. 3

    広島・丸取り表明のロッテ 巨人との資金差は絶望的10億円

  4. 4

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  5. 5

    専門家に聞く 日米FTAの行方と暴走するトランプへの対抗策

  6. 6

    弱者蔑視、答弁はぐらかし 安倍内閣の象徴が片山さつき

  7. 7

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  8. 8

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  9. 9

    民営化で料金5倍に? 「水道水」がコーラよりも高くなる日

  10. 10

    織田裕二vs坂上忍に遺恨勃発…共演NGに至るまでの「因縁」

もっと見る