日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

創志学園が甲子園へ “九死に一生”ファウル判定で逆転勝ち

 事件は25日、高校野球岡山大会決勝で起きた。

 玉野光南は1-0で迎えた九回表1死一塁から、創志学園の打者を投ゴロ併殺に打ち取り、マウンド上には歓喜の輪までできた。しかし、創志学園側が打球が打者の足に当たったからファウルだと主張。審判団が本塁付近で協議した結果、抗議が認められ1死一塁から試合再開。すると3連打などで試合をひっくり返された揚げ句、4点を失った。玉野光南の九回裏の攻撃は結局、三者凡退に終わり、天国から奈落の底に突き落とされた格好だ。

 一方、九死に一生を得たのは創志学園。エース高田はプロ注目の右腕で、今センバツ1回戦では東海大甲府に5-1で完勝した。

 実力に加えて、こちらは運もありそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事